« 中国で学ぶ日本人留学生からの東日本大震災報告 | トップページ | 今ごろ!全炉心溶解発表ー現在才・・ »

2011年5月16日 (月)

平山郁夫絵画展(函館美術館)、あと一週間です

Hirayama_ikkuo  佐川美術館所蔵

  平山郁夫展

 大唐西域画への道

 北海道立函館美術館

 観覧料 一般1000円

   5月22日(日)

 が最終日となります。

  終了間近です。

    日中友好協会の会員のみなさん、中国が大好きという皆さん、

    まだの方はお急ぎください。

   ちなみに今日月曜日は休館日となっておりますので、

   今週いっぱいですのであと、数日しかなくなりました。

    平山郁夫は、

    日中友好協会会長、名誉会長を永く勤め、

   日中の友好活動の面でも大変活躍をされました。

    今回は彼の幅広い活動の中で、

    更に画家としても多数の作品を残しておりますが、

    西域に関わるそうした作品が選ばれ展示されております。

     一人の画家が、あるテーマ見つけそれを生涯を貫いて

    書き続ける、そうしたテーマを持てた幸せ、というものを

    強く感じて、展覧会を見て参りました。

     ご存知ように、ユネスコの活動や、日中友好協会の活動

   など、彼は文化の国際交流活動にも永く尽力されてこられましたた

   中でもとりわけ、ある時期の中国に多くの画題をとられておられ

   ます。そして更に中国のある地域の風景にも深く魅せられていたようです。

    画は他人がとやかく言うより、とにかくじっくりと見ていただくのが

    一番ですので、私の解説などは必要ないでしょうから、

    どうぞ、この機会に足を運んでください。

      函館のお近くの日中の会員のみなさんもお時間がとれましたら、

    どうぞ、さすがに桜は散ってしまいましたが、これからは少し暖かい

    日も続くようです。お出かけください。

      時間がございましたら、函館日中にもお立ち寄りください。

     事前にご連絡いただけるとありがたいです。

     道立函館美術館は、五稜郭公園のすぐ脇です。

     函館日中友好協会事務局もそこから遠くはありませんが、

     函館の道路は判りづらいです。まずはご連絡を。

|

« 中国で学ぶ日本人留学生からの東日本大震災報告 | トップページ | 今ごろ!全炉心溶解発表ー現在才・・ »

コメント

明日(5月17日)は、もう一人の日中友好人團伊玖磨(日本中国文化交流協会会長)の命日です。
「北海道美幌高等学校」校歌を作曲された團伊玖磨さん没後10年。

投稿: 美幌音楽人 加藤雅夫 | 2011年5月16日 (月) 21時31分

加藤 先生:Ni好!
 團伊久磨先生は、何年前でしょう、函館にいらして講演をされたことがあります。たまたま、楽屋でほんの少しお話を伺うことができましたが、お話も素振も身形も、皆都会的雰囲気に溢れた方でした。お知らせを戴いて当時を思い出しました。ご冥福をお祈り申し上げます。お知らせ、ありがとうございます。

投稿: | 2011年5月17日 (火) 11時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/90348/40006793

この記事へのトラックバック一覧です: 平山郁夫絵画展(函館美術館)、あと一週間です:

« 中国で学ぶ日本人留学生からの東日本大震災報告 | トップページ | 今ごろ!全炉心溶解発表ー現在才・・ »