« 中国語教室・今日スタートー今天開課。函館日中 | トップページ | レベルをチェルノブイリ並みへー等級提至「切尓諾貝利」 »

2011年4月12日 (火)

ただちには、・・・ない。-不要立刻・・・

   急に、言葉の逆使い、が多くなった、と思う。

  どういうことかと言うと、わざと?逆方向から言ってくる、

  本来であれば好ましいことを、好ましからざるかのように、

  本来悪しきことを、それを包み隠して、

  逆の言い方で言うことによって、和らげ強調してくる。

   普通に言えばそれなりにショックなこともこれで何とか・・。

   以前、ここに、最近の若者言葉、「ヤバイ」について書いた。

   私にとっての「やばい」は、危険!!の意。

   よろしくない状態を指して、その後の情況は決して

   好ましくないものを想像する。

    ところが、最近「ヤバイ」は、とっても好ましいことらしく、

   「ヤバイ」を聞いたら、笑顔になるらしい。

    らしい・・・ということは私はまだそれを使えていない。

   「ヤバイ」を聞くと眉をひそめている。

    今回の日本政府の、或いは関係機関の多発した

   「ただちに・・・・とは言えない」も同じ。

   私にとっては、「ただちに・・・」の後ろは、ほぼその切迫した

   情況から概ね、命令形というか、キッパリ型であって欲しい。

   「ただちに出発!!」とかの用法で、すぐにやらなくちゃ、の

   気分が強く、やらないのなら「ただちに」は言わないで!!

   という感じなのだが、

    この「ただちに・・・の必要はない」には、

    どうも肩透かしを食らう。

     この「肩透かし」という言い方もこれまた日本的ではあります。

     こんなのは、中国語で言おうとすると、説明文的言い方に

     なりまして、その「肩透かし」感が余りでなくなるのであります。

    この「ただちに・・・ない」表現は明らかにある意図を持った言い方で、

   これしかないのか、これが便利と思ったのか、

   今回、多用されてますよね。

     それが、日本人だと、このわざわざの持って回った言い方で

   逆に事態の深刻さが伝わるというか、漠然としたものが残るというか、

   普段と違うこの言い方がとても日本的。

     中国語に訳すこと自体は、この言葉、難しくはありません。

   ですが、その辺の日本語の後ろにあるモノまで、諸外国の人が

   判るかというと、無理でしょうこれは。

    「~ない」のなら、単にそう言えば好いのに、前に

    「ただちに・・」と付け加えるところが正に日本的。

   

    「ただちに・・・ない」と言い続けた結果が、

   後になって、そうした必要が生ずると、

    その場合、あの時点では「ただちに・・」必要は無かったが、

   現時点では必要だと、簡単に変更できるし、何かあっても、あの時点では・・

   とは言えるのでなかなかに便利だ。

    ということでこの「ただちに・・・」が何時まで使えるのか判らないが、

   そろそろ、それも

    使えなくなってきたのか、少なくなってきた。

    これは「ヤバイ!!」と言っていいのか??

Dizhen0031

|

« 中国語教室・今日スタートー今天開課。函館日中 | トップページ | レベルをチェルノブイリ並みへー等級提至「切尓諾貝利」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ただちには、・・・ない。-不要立刻・・・:

« 中国語教室・今日スタートー今天開課。函館日中 | トップページ | レベルをチェルノブイリ並みへー等級提至「切尓諾貝利」 »