« 温かいものが食べたいー想吃熱呼呼的東西 | トップページ | 並ぶ日本人、縦はいいけど横は・・-横着排 »

2011年4月29日 (金)

賞賛される並んで待つ日本人ー 譲一歩

   今回の大災害の様子が映像を伴い世界に発信され、全世界に

  衝撃を与えた。

    もう一つ世界中に与えた衝撃に、被災後の被災者の何につけても

  大人しく並んでいるあの様子が再び衝撃を与えた。

    譲一歩ラン・イー・ブゥ の日本人

    これほどの緊急の時でさえ、行儀良く並び、耐えている様子、

  かつ、被災者自身が全てを失い失意の中にあって、それでも尚、

  周りに気遣い、譲り合う、そのことが賞賛をもって報じられた。

    日本人は何故並ぶのか?が率直な感想。

   並んで何の得がある、並んでいたら損しないのか?と訊かれた。

    日本人は並ぶことが結局は効率もいいし、並ぶ、譲ることの、

   心地よさを知っている。

     そうした行動の規範は一日二日で出来上がらない。

     長い長い時間と、世代を超えて見えてくるものから学ぶ。

    

    中国だって学校教育などでは勿論そうした「並ぶ譲る」ということを

   教えています。ですが、社会がそうならないのは、並んでいて損をする

   体験と、譲ることでの意味が見出せない大人社会が見えているので、

   それが良いことだとは頭では判っていても、社会がそうなってないので、

   取りあえず、並ばない。

    いつも並ばない者が得をし、並んでいたら損をする。

    他人に譲っていたら、譲ったことを感謝されるどころか、嘲りを受けた。

     そうした体験が長くつづき、「並ばない譲らない」習慣がつくりだされる。

     今回被災地が、日本の東北というまだまだ地域社会がしっかり根を

   おろしている地域ですので、日本人のその特徴がよく出ていたと思います。

     これが果たして大都市の日本でもどれだけ機能するかはちょっと、

   心配な点もあります。

     ただし、この他人に譲る、他人をおもんばかる、

    そのことが今回の津波災害で、

    自分のことだけ考えてどんどん他者には構わず、逃げれば

    被災せずにすんだ方も相当おられると思います。

     これも賞賛された日本人の同じ行動パターンから招いている

    のでして、根は同じところにあります。

     ですから、その意味でも二重に気の毒に思えて、

     それを知った被災地の人たちの心にはこのことも大きく

     のしかかっています。

     被災者が被災地が賞賛されてますが、

    もっと大切なのはそうした人たちを支えるべき人たちが、

    もっとこうした精神を発揮して、他者を想い、他者の為に

    手を差し伸べるべきで、

      とりわけ、

      ここ数日の日本の政治家たちの

    「並ばない・譲らない」様子を見せられて、

     失望しています。

     

|

« 温かいものが食べたいー想吃熱呼呼的東西 | トップページ | 並ぶ日本人、縦はいいけど横は・・-横着排 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 賞賛される並んで待つ日本人ー 譲一歩:

« 温かいものが食べたいー想吃熱呼呼的東西 | トップページ | 並ぶ日本人、縦はいいけど横は・・-横着排 »