« 「隗報」84号発刊ー亜細亜老人学友会、チチハルへの旅、友誼商店 | トップページ | 出乎預料ー想定外 »

2011年4月 6日 (水)

懐かしの?友諠商店ー『隗報』第84号

Kaihou_84  3月発行の、『隗報』第84号の

  ご案内をしております。

  今号の私の文章は、

 「友諠商店 ヨゥ・イ・シャン・ディェン」

  です。

 

  どうなんでしょう、まだ中国旅行へ

    行かれた方は、「友諠商店」に立ち寄ってるいるんですかね。

    だいたい、まだこの「友諠商店」はやってるんですか。

    懐かしい人には懐かしい「友諠商店」。

    中国は以前は、と言ってもこの以前がいつかが問題ですが、

    早い頃の、中国旅行は

    見れる場所が決まっていて、泊まる場所も決められていて、

    買い物も、観光の場所もぜ~んぶ中国側で決められていた。

      つまり、見せられ、買わされていた。

      そんな時代の買い物の場所がこの「友誼商店」でした。

     一番懐かしいのは矢張り、上海の友諠商店かな?

     何階建てだったんだろう?4階か5階?

     建物が丸ごとこの「友諠商店」でしたね。

     1階がお土産物のお茶やら、お菓子やら、雑貨が並んでいて

     2階が確か記憶では、服だったと思います。チーパオとか。

     上には、印材やら工芸品、家具などもあったし、

     妙なモノも一杯売ってましたよ。

     私のお気に入りは、民族楽器ですね、弾けないくせに街では

     こうしたものは何処で売っているのかもわからず、それがまた

     ここには揃ってるもんですから、結構興味津々で楽しかった。

     ある日、横笛を買おうかどうか迷って、これまた吹けないので、

     手に取って眺めていたら、売り場のお兄さんは、教えてやると

     言って、やおら吹き始めるではないですか。店内にその音色が

     響き渡り、一曲完全に吹き終わると、日本人団体客のご婦人方

     から拍手をいただいてりして、本人は至極満足げですが、こっちは

     一回ただ、吹いたのを聞かされただけで、教えるという彼の言葉とは

     裏腹にそんなにはどうやったて吹けないぞ・・と逆に腰が引けてたら、

     後ろの方から、その音色に惹かれたのか、それを買おうという

     声がして、男性が進み出てきた。初対面ですが一応仲間意識も

     あって、「お出来になるんですか?」と尋ねたら、「全然!!」と

     実にキッパリのお言葉。それは、まぁ本人の自由だからいいんですが、

     問題はその「買うぞ~」と言われて気を好くしたのか、服務員お兄さん、

     すぐにその笛を彼に渡し、指の位置などを後ろから肩越しにあれこれ

     指示しはじめ、吹いてみろ、と言ってる。

       彼が戸惑ってると、「大丈夫だ少し練習すればすぐに音は出る!」

     何て元気付けてるが、

       私にもそれは分かったが、問題はそんなことではなく、この笛、

     彼が今いま吹いたばかりですから、

      そこへまた口を持って行って吹くことに戸惑ってるんだと思うですが、

     服務員の彼には全く気にならないらしく、早く早く、とせっついてた、

     そんな様子や、

       中国シルクの生地を買おうと、量り売りですから、

     先ず生地を選び、これぞと思うのを決めて、服務員お姐さんに、

      「これお願いします。」と言ったら、

      珍しく嫌がりもせず、それで当たり前だと思うんですが、これが

     結構、これだけのことで「良かった!」と思わせるような当時の中国の

     店員さんのサービス?レベルだったのであります。

      ちょっと、造る服によって必要な生地の長さが変わりますよね、当然、

      そこで、スカートならひだを取るかどうかとか、彼女はそんな相談にも

      のってくれるわけですよ、カタコトの日本語もできます。

        結果、節約してどうやら2メーターで足りそう、というか足らそう、

      ということで、「これを2メーター」と、注文したら、

       彼女は、もっと売ろうと思ってたのでしょうか、それともそれでは

      足りないとの判断だったのでしょか

       「2メーターが!」と言いました。確かに言いました、

       最後の「が!」さもこちらを責めるような口調でした。

       というような話しを、思い出しております。

       『隗報』84号、「わたしの見た中国」この号の私の文章は

      「友諠商店」です。どうぞお楽しみ下さい。

|

« 「隗報」84号発刊ー亜細亜老人学友会、チチハルへの旅、友誼商店 | トップページ | 出乎預料ー想定外 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 懐かしの?友諠商店ー『隗報』第84号:

« 「隗報」84号発刊ー亜細亜老人学友会、チチハルへの旅、友誼商店 | トップページ | 出乎預料ー想定外 »