« 中国テレビドラマ、「杜拉拉昇職記」をご存知ですか? | トップページ | 何で今頃サーズ?-今週読んだ本 『 38°』 »

2011年3月 4日 (金)

中国お正月といえば爆竹ーウェブ版「私の見た中国」3月号

Zyb00210001

  隗ホームページ、「私のみた中国」今月号は、

  放鞭炮ファン・ビェン・パォー爆竹は派手に!!

 ↑↑↑ こちらをクリックして、茶館「隗かい」 ↑↑↑

  トップページよりどうぞお入り下さい。

   中国、お正月、大晦日といえば爆竹です。で、

   昨年でいいますと、その大晦日から始まって、

   火災発生件数2512件。

  火災による経済的損失額は、774万元(≒9600万円)

   爆竹や誤った取り扱いが火災の主な原因。

    北京市では爆竹による火災は161件。

    昨年に比べて1・78倍のありがたくない増となった。

    どんだけ懲りないの?って話しです。

    それでも辞められない爆竹。一体なんなの?と思いますが、

  そこはそれ、日本だってそうとう危ないお祭りは結構ありますし、

    実際に死人や怪我人が出てますしね。

    理屈じゃないらしいのです。お祭りですし。その熱気がまた

   盛り上がる。危ないからこそ燃える。母親に危ないことしちゃ

   いけませんよ!と言われるとますます遣りたくなる。あの心境

   なんですかね。そんな中国・大晦日の爆竹のお話です。

    それで、ホームページには書かなかったことを少し

   補足しておきますと、なんと、その大晦日の花火にかける、

   費用もこれまた相当なものでして、ちょっと常軌を逸している

   とも思えるような、お金のかけようです。

     私なんかは花火に給料一か月分をかける、と聞いただけでも

   それはあんまりダァ~と思うのに、これがまた一か月分どころか

   数ヶ月分にあたるお金をその大晦日の夜の花火の為に使って

   る人がいるとういから驚きですね。

     それってちょっと異常なんではなかろうかと。

     どうなのコレ。日本もお祭りの為に、相当準備して衣裳から何から

   誂えで、かかる費用が相当なものもあるようですが、これまた

   私のケチな考えでは。日本のは衣裳その他何がしか形として残ります

   けれども中国の方は、爆竹ですから。なぁ~んにも残りません、みごと

   に煙と消えます。音と共に、一瞬のうちに何もかもが消えてしまいますけど、

   それでまた善いんですかねえ・・・。

    まぁ浪費というか、思いっきり使う、というその潔さは分かります。

    これってそういえば、今話題の中国人日本観光客の「爆買」に

    通じるものがありますね。

      思いっきりの良さというですか。

      でも、それにしたところで、命まで落としたり、怪我したりしち

    駄目でしょ。駄目ですよ。

     爆竹の火薬とかに規制をかけてもすぐにそれを破る商品が

   でてきそうですしね。

     どうすればいいんでしょ。

     まぁそれは私の考えることではないので、中国当局が考える

    でしょうが。禁止といったところで、完全に禁止するのは無理ですし

    ねぇ~。実際数年前に禁止に踏み切ってみたものの、結局は

    当局への風当たりが強くなるだけで、

    不満がたまりますます、爆竹でも鳴らさないとやってられるかぁー!!

    って感じになって、またぞろ解禁。

    で、最初の数字にまたまた戻っちゃったと。

    大晦日、と言っても中国の大晦日ですから、旧の大晦日ですよ、

   除夕ツゥ・シィ、と言いますが、この日の夜は、

    ホントウにこの 放鞭炮ファン・ビィェン・パォの音で

    寝れないんですから、寝させてくれません。

    街中の最高に煩いところなんか、そこでピストル撃って殺人事件が

    起きたって分からんくらいです。

       中国・大晦日の爆竹にまぎれての殺人事件なんてな

     推理小説を誰か書いてください。

     あの爆竹の 「バリ!バリ!!バリ!!!

    という音は中国人の血を騒がすんでしょうなきっと、

      

      といったお話しを書きました。どうぞご覧下さい。

    歓迎 「隗」主頁 来玩ル!! ←← こちらから。

|

« 中国テレビドラマ、「杜拉拉昇職記」をご存知ですか? | トップページ | 何で今頃サーズ?-今週読んだ本 『 38°』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中国お正月といえば爆竹ーウェブ版「私の見た中国」3月号:

« 中国テレビドラマ、「杜拉拉昇職記」をご存知ですか? | トップページ | 何で今頃サーズ?-今週読んだ本 『 38°』 »