« 中国語教室・会場の変更・お知らせー学漢語班的同学イ門、請注意! | トップページ | 感谢你对我们的慰问! »

2011年3月14日 (月)

東北地区・遭受了想不到的極大灾害

   この「東日本大震災」の報道は勿論、中国でも刻々と伝えられております。

  昨日は、この特別番組も組まれ、最後まで見ている時間はありませんでしたが、

  専門家ゲストをスタジオに招いての、今回の日本の映像を仔細に検討し、

  日本の報道映像も、ほぼ一日遅れではありますが、流してました。

     意外だったのは、中国中央電視台テレビ局で使う映像はこうした時は

  日本のNKHのものが多いのかと勝手に思ってましたが、そんなことはなく、

  また、ここ数日の日本のコレに関する報道は民放であってもほぼコマーシャル

  が入らない、純粋な報道番組でしたし、とりわけ現場のナマの映像なんかは

  そのまま使ってこその臨場感でしたから、そんな映像が流されてました。

     違うのは、これは立場が違えば日本も全く同じなのですが、

   世界の何処かで事故が発生して時に、日本で必ず報じられるのが、

   その場に日本人が居たかのどうか、居たとすればその被害状況は

   どうかが、事故そのものよりもそちらに関心があるかのように報道され

   ますが、それと傾向が、中国でも。

      この東北地方にいる中国人に関する情報や、ここで被災した

   中国人がいるかどうかが、取り上げられています。

      別に此処に限らないのですが、今、日本ではどこでも中国の人が

   何らかの形でおりますので、ここも例外ではありません。

      また、此処を旅行していた台湾の団体旅行者もいたようですし、

   これからですが、旅行を予定していた人たちもおられます。

      今のところですが、直接の被災者はまだ発表になってません。

   台湾ツアー旅行者たちも、山沿いにいて、難を逃れ、2日後に関西に

   抜けたようですので、そのまま関空から帰国される予定とのことです

   ので、今頃はもう無事帰国されておられると思います。

     今回は、海嘯ハィ・シャォ(津波)という中国の人にとっては馴染みの

   ない、それ自体が想像がつかないものでの災害だったのと、更にはその

   大きさがこれまでにない大きなものだった、ということで、

     二つの意味で中国の方たちの想像を超えてます。

     中国の海岸線はこちら側だけですので、もともと一生海すら知らずに

   過ごす人も大勢おりますので、海嘯は、その単語さえ知らない人が多い

   でしょうし、海の恐ろしさなんてのは、分からないでしょうね、多分。

     中国のテレビで流されていた被災地の映像で、私も別段全て見てる

   訳ではありませんので、確定は出来ませんが、こちらのテレビでは扱って

   いなかった映像が使われている場面がありましたが、アレってどこから

   出てるんでしょうかね。

     また、普通こうした問題は自国の問題に引き込んで、話題を展開する

   ものですが、今言ったように、海嘯が馴染みがないのと、

     原発の問題も触れたかったと思いますが、中国での自国の原発問題は

   かなりデリケートですし、隠されている部分も多いので、当たり障りのない

   程度の日本の安全性といったような扱いです。

     中国でも連日の報道で、

    中国の方にとっては、函館も海沿いの街との認識からでしょう、

    沢山のお見舞いメールありがとうございます。

    電話もいただいておりますが、とりあえず、函館は、というか

    私ども何ともありませんのでご心配なく。ありがとうございます。

|

« 中国語教室・会場の変更・お知らせー学漢語班的同学イ門、請注意! | トップページ | 感谢你对我们的慰问! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東北地区・遭受了想不到的極大灾害:

« 中国語教室・会場の変更・お知らせー学漢語班的同学イ門、請注意! | トップページ | 感谢你对我们的慰问! »