« 世界遺産・土楼 観光 | トップページ | ニセ「土楼」?ですかね、アレ! »

2011年1月26日 (水)

土楼で値引き交渉ー討価還価

2010912_018  今日もまた、土楼観光。

 昨日、一旦近くにマチへ戻り、

 一泊して再度挑戦。

 この日は午後に此処に戻ったら

   他のマチへ移動する予定。で、ホテルのフロントへ荷物を預ける。

   と言っても大した荷物ではなく着替えが入っただけのバックが一つ。

   まだ何も買い物もしてないので、カバンはスカスカ。買うような物もないし。

     フロントのお姐さんが、「何時に戻るの?」というから、「夕方までには」と

   言って、「今日も土楼を見に行く」と言ったら、怪訝な顔をされた。何で?

   「昨日行って、今日もまた行くのかよ!」という驚きだったらしい。

2010912_021 別にイイでしょうが・・わざわざ遠い日本

から来てですよ、チラット見て帰るよりは・・・。

このことがそんなに、不思議か?

「在日本没有口馬?(日本には無いのか?)」

     って貴女、世界遺産ですよ、世界遺産、それを何と

      こころえる?日本どころか何処にもないんですよ。

    「好玩ル口馬?(楽しいの?)」ときた。んん~普通の意味の楽しいとは

    ちょっと違うんですがね、小姐よ、人間の楽しみって色々なんですよ。

    楽しみも色々なら、人によって何が楽しいかも色々、だから私には

    「好玩ル!小姐!!Ni也應該去一趟。(貴女も一回行ってみれば)」と、

    珍しく、キッパリ。 何で私が勧めなきゃならんのだ、と思いつつも言うと、

    「我没興趣。(私には興味がない)」とアッサリ拒否。

    ハイハイ、それじゃしっかり荷物の番をしてて下さいと、ホテルを出る。

2010912_033 土楼は、丸いものばかりではありませんで、

四角のもあればただひと並びのものもあります。

それぞれが、この門の上のところを見ていただけば

分かりますが、表札のというか看板というか名前が

付いてます。それで、昨日もちょっと触れてますが、

この土楼、点在してまして、ある地域に数個あり

2010912_049  又少し離れたところに村落として数点あり、

 とこうなってまして、観光には時間がかかります。

 多くはみなさん大型バスをしたてて、

いらっしゃいますので効率好くというか、

時間が決まってますから、重要な土楼を

何点かピックアップして、そこが多少離れていようが、

             バスで移動するだけです。

              これが私の場合出来ません。こちらの土楼集落群を

             見終わって、あっちのも見たいとなった時、

              歩いては無理です、

2010912_045路線バスもありません。バスが通ってません。

走っているバスはみな団体を乗せた観光バス。

  この場合やり方が二つあります。

  一つはこの観光バスの開いてる席に

  そこだけ乗せて貰う。

  難しくはないのですが、難点は誰に頼べば

     よいのか歩いてる人を見ても分からん。運転手さんにその権限が

     あるのかどうかも、分からん。更に最大の欠点は、このバスはもう

     大概戻ってこないので、帰りのバスが上手く見つかるかどうかの

     問題。大概コースが決まっていてですね、案外反対周りのバスが

     なかったりするのを経験上しってますので、危険。

2010912_022  そこである土楼を見終わって、

出たきたところに食堂兼喫茶室が

あったのでそこでお茶しながら、

お店の前には乗用車。これだな、と。

2010912_028 ということで、土楼で値段交渉。

討価還価 タォ・ジャァ・ホァン・ジャァ、

言います。別に土楼を買おうって訳じゃ

ないんで、額は大した事ないんですが、

2010912_036 お店の人はそんなアルバイト?を時々

やってるのか慣れた様子で、

「50元(≒600円日本円)」と切り出す。

距離感が分からないので、何の根拠も

2010912_060 こちらには無いのでありまして、

それでも良いことは良いんですが、

多分ボッテル、と思います。タクシーが

あってメーターで走れば10元とか20元

2010912_065 の区間だと思うんですね。思うだけです。

このまま払ってもいいんですが、この後の

観光客と、日本人だとバレてるかどうか

分からないのですが、日本人がみんな

2010912_066 こうだと思われて足元見られるのも

ちょいとアレですし・・ここは交渉しますか、

しましたよ。30元だと、往復だしちょっと

可哀想かな、何て仏心をちょいと出して、

2010912_071     35元からスタートしたら、あっさり

    40元で落札?交渉成立。

     ということは、コレ?30間でも大丈夫

    だった??

    まぁいいか、その10元は私の勉強代

   だということで。

2010912_076    途中の道路が丁度今修路シュゥ・ルゥ

   (道路工事)で大変だから40元で高くない、

   と彼は力説してました。

    確かに向って気づいたのは、ず~と

   この区間が道路工事中。それもあのノンビリさ。

   あちこち穴だらけで車高の高いバスはいいが、

2010912_079  乗用車は大変だよ。右に左にひっきりなしに

  穴をよけ、ホコリだらけになって到着。

  そこを見る間待っててくれて、戻ったらアッチは

  見た?と私達が見逃した、見逃しそうなところ

  まで教えてくれて。

   善い人だ!!善い人だったんだよ、彼は。

2010912_083 だから、前にも言ったように、

分からんのですよ、中国では

誰が善い人で、誰がどうなのか。

でもそれって別に中国に限らないか?

         でもまぁ、ホラッ日本人だと少しは分かるような気がするじゃ

     ないですか、この人怪しいかな・・と。

      それが、中国だとこの人怪しいかな・・と思ってるととっても善い人で、

    この人安心かなと思ってたらナント、騙されたり、

    見立てを間違うことが多いような気がするな、

    コレって私だけ?

    

|

« 世界遺産・土楼 観光 | トップページ | ニセ「土楼」?ですかね、アレ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 土楼で値引き交渉ー討価還価:

« 世界遺産・土楼 観光 | トップページ | ニセ「土楼」?ですかね、アレ! »