« 「非誠勿擾」フェィ・チェン・ウー・ラォ、続編 | トップページ | 函館日中ー今月(12月)と来月(1月)の予定。 »

2010年12月18日 (土)

映画・非誠勿擾Ⅱー非2

   映画『非誠勿擾』の続編の公開が迫っている、すでに

  中国のネット上ではあれこれこの映画に関する話題が多く

  見られるようになっている。

   「非誠勿擾Ⅱ」で、略して「非2」という字がネットで踊ってるが

  「非2」は略しすぎでしょう。この略は、非典(サーズ)の略のようで

  あまり私は好きでないが、話題はすでにヒートアップ。

Feichengwulao 確かこの26日からの

 公開との話ですので、

 中国旅行中に劇場で

  見る時間があったら、是非見てきたいと思っている。

   昨日この映画の続編が北海道で撮られることを期待して

  いたが、誠に残念ながら、それを逃した話をした。

   今日あたり函館は昨日からの大雪で、一面の銀世界、朝になって

  少し陽も射してきて、朝日に当った一面の樹々に積もる雪や、山の様子

  などを見ていると、とても綺麗。こうした風景を中国の人にも映画で見て貰い

  たいと願っていた。非誠勿擾でなくとも他の映画でもいいので

  函館の景色や道南を舞台に中国映画を撮ってくれないものかと

  まだ思っている。

    中国へ行くと、というか何処へ行っても本屋が好きなので、

  必ずその町の本屋は立ち寄る。

    買わない種類の本棚でも一応殆どを見てくる。

  中国の旅行ガイドブックコーナーもここ数年で充実してきた。

    印刷もよくなったし、写真入の綺麗な本も増えた。

    中国国内もさることながら、海外旅行の人も増えてきたので、

   日本の「地球の歩き方」を焼きなおしたような本もある。

     日本案内のガイドブックは、数年前までは、その種類も少なく

   東京か京都に限られていた。

     それが、最近は北海道も肩を並べて書棚にあり、かなり売れてる

   らしい。手に取ってみると、まだまだ日本国内出版の、観光ガイドブック

   を中文に訳したものがそのまま使われ、申し訳程度に、札幌からの入り方

   や、日本での生活や温泉紹介などがついている。

     そろそろ中国の人が中国の感覚で書いた、北海道ガイドブックが必要

   だと思っている。

      例えば、北海道は東京から飛行機だと1時間半はかかりますよ、

    比較的遠いんですよ、と言ったところで

      中国の人にすれば、飛行機で1時間半の移動は近いじゃないですか、

    となる。

      何故なら、中国国内便で、1時間半程度の移動は近距離移動に

    なるので、近い感覚だ。但し、中国は人口が多いので国内移動の人たち

    も、出張族はじめ相当多いので、その主要都市間の便数が圧倒的に

    違う、といった点などそれぞれの事情を完備したガイドブックノ出現が

    そろそろ必要だと思っている。

     それとは別に、その土地の紹介として、映画は格好の宣伝媒体です

   ので、映画で北海道の自然が絡んだ物語を撮ってもらう様に北海道全体で

   誘致活動のもっと力を入れるのはどうだろうか、と思う。

Feichenfwulou1 今回の「非誠勿擾Ⅱ」は、

 中国国内ロケそれもこの画で分かる

 ように、万里の長城での求愛や、

     南の町でのロケが話題になってましたから、ロケ地に火がつくという

   ことはないでしょうから、今回のⅡでまた最初の前作を思い出して、

   北海道の景色が人気になるかも知れません。

     多分のこの続編を撮るにあたって、監督には相当あちこちから

    わが町へ、のロケ地売込みがあったことは想像できます。

    日本もどれくらい頑張ったかは分かりませんが、北海道に限らず

   売り込みはあったはずです。

     それで、結果今回は駄目でしたが、これで諦めずに、この監督だけ

   ではなく他の例えば若手監督などに、北海道を舞台にした映画作りを働き

   かけてはどうでしょう。

     ただ、北海道の現状を見ていると今のところ

     やってくる中国の人たちへの対応でさえようやっと、

     先にこちらが打って出るなどという余裕はないようですが・・・。

     受身ばかりではまた発展もありませんのし、

     こちらからその魅力を発信し訴える必要はあると思いますし、

     それだけの価値を北海道には十分に兼ね備えていると思います。

|

« 「非誠勿擾」フェィ・チェン・ウー・ラォ、続編 | トップページ | 函館日中ー今月(12月)と来月(1月)の予定。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画・非誠勿擾Ⅱー非2:

« 「非誠勿擾」フェィ・チェン・ウー・ラォ、続編 | トップページ | 函館日中ー今月(12月)と来月(1月)の予定。 »