« 中国・トレンディテレビドラマを見て、-中国時髦電視劇 | トップページ | 「中国の名医」-『隗報』第82号より、 »

2010年11月25日 (木)

中国・水を汲む「提水」ティ・スゥィー『隗報』第82号

  お待たせいたしました、『隗報』の今年最終号、第82号発行いたしました。

   いつもご愛読ありがとうございます。

Kaihou_82  どうぞ、この号も楽しい中国話題でお楽しみください。

   書き手は3人です。

   お一人目が今回初めて書いてくださった、

   木下 正明 さんの

   「提水 ティ・スゥィ」の話題、

            お二人は、石井 塔子 さんが書いてくださった

             「中国の名医」の話、

            そして、最後は定番ですが私が書いてます

             わたしのみた中国

            今回は「雨衣 ユゥ・イー」 の雨合羽の話の

               三点です。

             どれも中国で実際に生活したりすると分かる

    逆に言うと余り、一般の形では知られていない中国事情を伝えて

    おりますので、参考になると思います。

     木下 さんの「提水ティ・スゥィ」は、中国集団生活では

   欠かせない毎日のお仕事の一つです。

     むか~しむか~し、日本でもどの家庭にも水道が普及する前

   どんだけ前なんだ!という話ですが、

     実は日本でも、水汲みの仕事が各家庭ではあったんですね、

   それが、少しして今度は、近所に共同の水汲み場というのが出現、

   これがまた、今の消火栓のようなもので、ある地域に一定程度あって、

   其処までいくと水が自由に汲めるのです。

     消火栓の上のほうにライオンの口のようなデザインがあってそこから

   水がどんどん出てくる仕組みでした。色は勿論消火栓のように黄色では

   なくて、鉄色そのものでしたが、

     まぁ話題はともかく、それで中国では

     ここで書かれているのは大学の構内のお話ですが、ここで暮らす人たち

   学生は勿論のこと、大学の職員、それも相当の数になります、

   職員がそれ位いると、その職員への福利厚生の施設が必要となり

   其処で働く人たちがまたいるわけで、その家族もおるわけですから、

   数はどんどん増えて大変が数の人たちが一つの共同体としてそこで

   生活することになります。

     この感覚がなかなか日本ではお判りいただけないので、

    私はこれももう古いのですが、以前の「国鉄」時代のあの

   「国鉄」の職員の官舎がずら~とあって、

   「国鉄」職員のための「鉄道病院」があり、「鉄道学校」があり、

   「鉄道購買部」があり、それぞれにその職員がいて、企業体としては

   「国鉄一家」だったころのやり方と言ってますが、

     すでにその「国鉄」もなくなって久しいのでこの感覚も分かり辛く

   なってますが、

      そんな大家族企業体で暮らす中での

    水汲みのお話です、どうぞ

     ご覧ください。

|

« 中国・トレンディテレビドラマを見て、-中国時髦電視劇 | トップページ | 「中国の名医」-『隗報』第82号より、 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中国・水を汲む「提水」ティ・スゥィー『隗報』第82号:

» 冬のソナタ韓国KBSノーカット完全版DVD-BOX [【韓国】ヨン様サイコー 【冬ソナ】]
冬のソナタ韓国KBSノーカット完全版DVD-BOXが遂に発売!おまけのお得情報も [続きを読む]

受信: 2010年11月28日 (日) 15時06分

« 中国・トレンディテレビドラマを見て、-中国時髦電視劇 | トップページ | 「中国の名医」-『隗報』第82号より、 »