« よんでみよう世界の絵本・きいてみよう世界のお話ーお誘い | トップページ | 中国高校生訪日団の様子、ホストファミリーの声 »

2010年10月14日 (木)

中国高校生訪日団・第3陣2010年9月、報告

  日中友好協会機関誌『日本と中国』2010年10月5日号

  より、転載させていただき、高校生訪日団の様子をお知らせいたします。

    ***********************

   地域性を生かして多彩な交流

  中国高校生訪日団の第3陣が9月7日から15日まで来日した。

  地方交流では、ホストファミリーの募集、地元関係者との打ち合わせなどで、

  北海道日中友好協会とNPO福井県日中友好協会が先頭にたって受け入れ

  準備を進めた。「高校生同士の友情が一段と深まった」と語る豊平北士・

  NPO福井県日中専務理事兼事務局長は、「日中友好を市町村に拡大する

  絶好の機会」として、今後も青少年交流事業に積極的に取り組む方針を強調

  した。

    第3陣は教師ら引率者58人と高校生341人(女子210人、男子131人)

  の計399人で、日本政府の「21世紀東アジア青少年大交流計画(日中21

  世紀交流事業)」の一環で来日した。

    そのうち、(社)日中友好協会は、北京・貴州・江蘇・復権の1市3省の

   高校生らからなるB団200人を受け入れた。

    協会が高校生訪日団を受け入れたのは、6月に来日した第2陣に続いて

   ことし2回目。

     B団は、2団に分かれて東京のほか北海道、福井、千葉を訪問し、厳しい

   残暑のなか、高校生らと親交を結び、忘れることのできない夏の思いでを

   つくった。

     学校交流では、バター作り(北海道江別市・とわの森三愛高校)、

   小樽「潮まつり」で披露する踊りの“潮ねりこみ”の練習(小樽・小樽商業

   高校)、アワビや鯛の養殖場を見学(千葉県勝浦市・勝浦若潮高校)など、

   地域性を生かした交流プログラムで歓迎を受けた。

     北海道と福井県ではホームスティを体験し、日本の生活の一端に触れた。

     今回初めて100人規模という大人数の訪日団を迎え、ホストファミリー

   の募集などに奔走した北海道日中の杉山事務局次長は「礼儀正しく、

   すばらしい高校生たちだったと感想を聞いている」と述べ、ホストファミリー

   に深く感謝した。

     一方、前回受け入れた地域とは別の市町村での受け入れを目指した

    というNPO福井県日中の豊岡専務理事兼事務局長は、「福井県日中

    の活動を高く評価してくれたみなさんの協力で受け入れが実現できた」

    と述べ、地域との協力の重要性を指摘。

      「日中友好の機運を県内全域で盛り上げる絶好の事業として今後も

    取り組んでいきたい」と抱負を語った。

    ***************************

     このあと、9月末に例の尖閣列島での事件が起き、その後はみなさん

   ご存知のとおり。

     上の記事でも分かりますように、

     友好を願い、たゆまない努力を惜しまない人たちが居て、

     それぞれが大変な思いをしてようよう築きあげ、

     積み上げた友好も、壊すのはごくごく簡単で、一瞬にして

     元に戻すどころか、逆の方まで一気に追いやることが可能だ、

     というのが、今回に限らず、感じるところです。

     築き上げるのはその労力も時間もとてもとてもかかるのですが、

     壊されるのはほんの一瞬ですし、

     その壊した人は、後は知らんぷりです。

     明日は受け入れた側の感想をお伝えします。

   明天見!

      

|

« よんでみよう世界の絵本・きいてみよう世界のお話ーお誘い | トップページ | 中国高校生訪日団の様子、ホストファミリーの声 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中国高校生訪日団・第3陣2010年9月、報告:

» ケノーベルからリンクのご案内(2010/10/15 09:18) [ケノーベル エージェント]
勝浦市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。 [続きを読む]

受信: 2010年10月15日 (金) 09時18分

« よんでみよう世界の絵本・きいてみよう世界のお話ーお誘い | トップページ | 中国高校生訪日団の様子、ホストファミリーの声 »