« 中国の雑誌は高すぎ、特に女性誌は。 | トップページ | 函館華僑の歴史を学ぶ、 郷土の歴史講座 »

2010年6月19日 (土)

箱館(函館)・日中交流の150年、明日歴史講座

Tyuukakaikann 『 函館中華会館創立100周年記念

      シンポジウム 』

 (いただいたご案内の文をそのまま

  掲載させていただきます。)

「 2010年は、函館中華会館創建100周年

 の記念のとしであり、函館中華会館は北海道

 の風雪に100年間耐え抜いてきた。

    函館中華会館は国内で唯一残されている純中国様式の中華会館

  であり、館内の調度品は創建当時の姿をそのままに残している。

   この貴重な函館中華会館の歴史を後世に伝えるため、函館市内外

 の各団体と協力して、記念シンポジウムを開催する。

   この素晴らしい建築物と調度品を文化財として永久に保存していく

  とともに、その建築史的意義を明らかにし、函館中華会館の調度品や

  書画、さらに建築物をデジタル資料として保存する可能性についても

  検討し、函館中華会館の歴史的財産としての保存・活用方法を広く

  市民とともに提言していきたい。

  ---------------------------

  ということで、ご案内をいただいておりますし、先日はこの記念の年に

  来月7月8日から一般公開されるという新聞記事も拝見しました。

  上の写真に写っているパンフは市内数箇所にも配布されているようです。

  まだご存知なかった方は、

    明日です  6月20日(日)午後2時より3時30分まで

    函館市中央図書館視聴覚ホール  にて、

    小川  正樹(函館ラ・サーる高等学校 教諭) の記念講演ご

    あります。入場は無料です。一般の方もご自由にご参加いただけます。

    以外に知っているようで知らない郷土の優れた文化建築物・文化財を

  お知りになるとてもいい機会です。

    お時間の都合がつきましたら、どうぞ。

|

« 中国の雑誌は高すぎ、特に女性誌は。 | トップページ | 函館華僑の歴史を学ぶ、 郷土の歴史講座 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/90348/35357452

この記事へのトラックバック一覧です: 箱館(函館)・日中交流の150年、明日歴史講座:

« 中国の雑誌は高すぎ、特に女性誌は。 | トップページ | 函館華僑の歴史を学ぶ、 郷土の歴史講座 »