« 清明節チン・ミィン・ジェ、墓参りに行こうー「隗」今月号私のみた中国 | トップページ | 中国語教室お申込み、お急ぎ下さいー北海道新聞・みなみ風、4月6日夕刊 »

2010年4月 6日 (火)

賑やかな墓参りー さだまさし、(長崎)「精霊流し」

 函館は今日は今にも雨が降り出しそうな、雲行きです。

  昨日、『隗かい』ホームページに、ウェブ版「私の見た中国」へ

     「清明節 チン・ミィン・ジェ」 楽しい墓参り・・

  をアップしました。

  ご覧になった方から幾つかメールやお電話をいただきました。

  ありがとうございます。

   いろいろご教授いただき、また、楽しいお話をお伺いでき、

  参考になりました。

   そんな中でも、長崎に「精霊流し」に関するお話が面白かったので

  ちょっと紹介しましょう。

   もともと、長崎は距離的なものもあって、文化的に可也中国の影響を

  受けそれを受け継いで今に至っている面がかなりあるのはご存知の

  通りです。

    それでこの長崎の「精霊流し」もまた有名ですし、ご覧になった方も

  沢山おいででしょうし、現にいまお近くにお住まいの方もおれれますが、

  こちらは、初盆を迎えた時に、そのお盆に故人の冥福を祈り、船を

  したて(精霊船)て流し場まで練り歩くのですが、

   この船がまず山車を連想させるような派手さがあって、飾り付けが

  提灯やら、造花やらで飾り立てられ、

Qian  「銭」という、かなり直接的表現も

 あって、これって、墓の前で燃やす

 「紙銭ジー・チェン」の発送に似て

 ますね、と教えられた。

  また、全体にその飾り付けやら

 提灯などのその色合いが「紅あか」

  で飾り付けられこの面でも中国的な

   ものを感じた、と旅行で行かれた方は教えてくれました。

   更に、長崎でもこの日は「爆竹」が欠かせないそうで、加えて

  ドラを鳴らしたりかなりウルサイ、と言ってました。

    ウルサイと賑やかは微妙ですが、その人は、ウルサかった、

  とおしゃってました。

    また、さだまさしファンの方からは、かの、名曲「精霊ながし」に

  引かれてご自身の目で見てみようとこの日を目掛けて長崎を訪れる

  人も多いですが、曲からイメージされる、私のいうしっとり感というか

  湿った厳かさを求めて行ってみたらこの賑やか?さに驚く人が多い

  ようです。

    ですが、この曲の最初の頃の録音、グレープのアルバムのその時の

  レコーディングには、曲の始めの方にちゃんと?爆竹の音が入ってるんです

  よ、ともお教えいただきました。

    そうなんだ、イントロに爆竹音を入れるなんて画期的だなぁ、今度機会が

  あったら、聞かせていただこうと思ってます。

    それにこの曲は、本物の?「精霊流し」のその賑やかさの中にこそ、

  賑やかであればあるほど、亡くなった人を偲ぶ淋しさが表現された歌なんだ

  そうで、これまた、”ヘェ~”でした。今度又そうした観点で聞いて見ましょう。

    ということで、沢山の事をお教えいただきました、

  貴方が書いた「清明節」の、-お墓参りが楽しくて好いのか・・・

   は、そういうことでその楽しさに中にこそ悲しみがあるという実は深いもの

  なんだ、と教えていただきました。

   こうして教えていただければ、今度また中国の「清明節」(お墓参り)に

  誘われたら充分楽しめると思います。ありがとうございました。

    最後に、

   長崎のその「精霊流し」の日の爆竹はご多分にもれず相当派手だそうで、

  爆竹初心者用に町ではちゃんと「みみせん」を売ってるそうです。

   ん~、これかなり感心するな。これを行き届いたサービスとみるか

  そこまで気が回る商売とみるかがまた微妙ですね。

    ご教授ありがとうございました。

   「清明節 チン・ミィン・ジェ」 楽しい墓参り はこちらから

     ↑  ↑   ↑  ↑

    再会!!

|

« 清明節チン・ミィン・ジェ、墓参りに行こうー「隗」今月号私のみた中国 | トップページ | 中国語教室お申込み、お急ぎ下さいー北海道新聞・みなみ風、4月6日夕刊 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 賑やかな墓参りー さだまさし、(長崎)「精霊流し」:

« 清明節チン・ミィン・ジェ、墓参りに行こうー「隗」今月号私のみた中国 | トップページ | 中国語教室お申込み、お急ぎ下さいー北海道新聞・みなみ風、4月6日夕刊 »