« 「シャンハイ」万博まであと一週間、40万人の予行演習 | トップページ | 「シャンハイ」万博、こぼれ話 »

2010年4月27日 (火)

”シャンハイ”万博、 「城市、譲生活更美好」

Shanghai_2  上海万博がまもなく始まります。

 始まればまた多分日本のマスコミは

 洪水のような情報をそれぞれ報じる

 ことでしょうから、万博の様子などは

 これからみなさん目にする機会もきっと

 おおくなるので、そちらにお任せする

  事として、先にちょっとだけ万博に触れておきましょう。

   上のパンフは、中国国際放送局が送ってくれたパンフです。

   纏まりがよくて見やすいです。万博会場の紹介というよりは

   入場券情報などが割と詳しく説明されております。

   上海万国博覧会は公式フェブサイトがありますので、日々の情報は

   そちらで得られます。

   さて、わたしが昨日も書いたのは、みなさんこの機会に上海へどうぞ、

  というのは、万博はそれぞれの国がこれでもか~の技術や文化や歴史やら

  を展示見せてくれますので、それはそれで楽しいのでしょうが、

   何といっても眼目は”シャンハイ”の街そのものを見てもらいたい。

   ”シャンハイ”そのものが博覧会の展示物としてみるに値すると思ってます。

   行かれればすぐに判りますが、その今の中国の凄さですね、そして

   ”シャンハイ”のここ数年での変化などが、最先端近代的ビルの合間に

   垣間見られるはずです。これは入場券が要りませんので、”シャンハイ”へ

   行っていただければ、どうやっても目にすることができます。

   更にご自分で行かれることの意味は、映像と違って、実際に現地へ行って

  ですね、ごくごく普通の?そこらのオジサンや、オバサンと、コトバの問題など

  もありますが、まあそこはコトバを介在しなくとも相手のやっていることを実際

  に見れば、それでご自身が感じられたことが総てですので、何かを感じとられ

  ると思います。これが日本に居て映像や活字だけで判断するのとは違う、

  はずです。これをして貰いたいですね。たまたま”シャンハイ”ですが、何処でも

  それは好くって、できればシャンハイ以外のちょっと離れた町が見れるなら是非

  そちらへも足を伸ばして、中国の普通の人たち、老百姓(ラォ・バィ・シン)と

  いいますが、そした人たちの暮らしを垣間見ていただきたい、と願ってます。

    いつも思っていることですが、何故か日中間ではいつも、両国の間には

  その報道や情報には何かしら可笑しな普通でない何らかのユガミがあります。

  それは日本側にだけあるのではなく、中国側の同じように報道にもユガミが

  あります。

    そこから形成された多くの方のそれぞれの国も見る目は、どうもわたしは

  他の国をみる我々の目と違ったユガミをもって見ているというのが気になって

  います。

     これはちょっと互いに損?をしてますので、ユガミを除いたごく普通に

  相手を見たり知ったりするのは、結局は自分の目で見るのが一番近道

  かと思います。

    ありのままの姿を、ご自身の目でご覧になって、ご自分で判断されることを

  お勧めします。

    シャンハイまでは日本からホンとにすぐです。

   沢山のフライトもあって、お近くの飛行場からも便があるはずです。

   飛び立てばおよそどこからでも3時間くらいで到着しますので、

   あっと言う間に着いちゃいます。

    着いた先は全く別世界”シャンハイ”の街が博覧会会場よろしく

   待ってます。どうぞご自身の目で、良いも悪いも見てきてください。

|

« 「シャンハイ」万博まであと一週間、40万人の予行演習 | トップページ | 「シャンハイ」万博、こぼれ話 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ”シャンハイ”万博、 「城市、譲生活更美好」:

« 「シャンハイ」万博まであと一週間、40万人の予行演習 | トップページ | 「シャンハイ」万博、こぼれ話 »