« 09年・中国語教室受講生の皆さん、ありがとうございました。函日 | トップページ | 中国国際広播電台日語部・「かけはし」お送りいただきありがとうございます。 »

2010年3月19日 (金)

中国の日本語教育・大連ー「国際文化フォーラム通信」

 Kokusai_houramu  「国際文化フォーラム」第85語をお送りいただくありがとう 

  ございます。

  この号の特集は、中国における日本語教育

  の現状を紹介したものでした。

  とりわけ、この号では中国大連の教育が取り上げられ

  ております。

    実は私は大連に特別の思い入れもありますので、興味深く拝見

  いたしました。大連は地図を持たずにあるける街の一つですね、街の

  様子は行く度毎にその外観は大きく中でも繁華街は変わりましたが、

  それでも地図を持たずとも大体今自分の歩いてる道や向かっている先

  が分かるそんな街の一つです。

   学校教育の期間で、外国語を学ぶとき、小学校はまあ少ないでしょうが

  中学・高校では、中国での外国語の相当の部分を英語が占めています。

   そんな中、実はこの大連という街は、歴史的な経緯もあるのでしょうが、

  日本語教育に非常に盛んなというか熱心な街でした。ですので、日本語を

  学べる教育機関が多く、そこを育った子供たちが更に、大学やその他の

  場で更に日本語を鍛え、それでもって仕事を見つけ、またその土壌があって

  日本企業が割りと早くから多く大連にはありました。

    ですので、大きな日本語での弁論大会などがあってもそのレベルが

   大連はかなり前から相当高かった地域です。

    ちょっと、この冊子を戴いて実は初めて知ったのですが、その大連が

  数年前から日本語を学習する中高校生の数が急激に落ち込んでいた、

  という事実を知りました。

    冊子では触れられておちませんが、恐らく時期的にいってもこれは

  政治的要因も多少関係してると思うのですが、学校教育の場にそうした

  要因で子供たちの機会が妨げられるのはちょっといけませんね。

    それが、ここ数年でまた、大連市の取り組みもあって中高で日本語を

  学べる機関が増えたし当然学習する生徒さんの数も増えているというのは

  関係機関のさまざまな努力が実った結果と思います。

    それで、細かな内容は省かせていただきますが、

  私がこれを拝見して思うのは、

    いつも言ってることの反対ですね、つまり日本の教育機関での外国語

  学習に占める、中国語位置との関係と非常に良く似てますが、

    まず総体言えることは、英語一辺倒の教育を見直さなくてはいけない

  時期が来ていること、

    本来、語学に限らず教育は何か一つに偏るのは良くないのでして、

  加えて多言語の時代といわれ、教育の中で外国語を学ばせるときにどの

  言語が良いのか、そしてそれは一つで良いのか、という問題ですね、

    

    いまひとつは、上と関連しますが、選択できる環境を教育機関が提供

  できるのが望ましいと思いますね、

    やってみると分かりますが、言語にも相性のようなものがあって、

  どうも英語との相性が悪い人でも、他の言語とは非常に相性がいい場合

  がありますし、一つの言語が駄目だからといって、他の世界中に沢山ある

  言語に自身を失くす必要はありません。これは恐らく、昨日も書いてますが

  興味の持ち具合の問題だろうと思います。

    更にもう一つ、若い時に興味の持ち方ですね、それとどこへ目を向けるか

  などの可能性を広く若い人にもってもらう機会を教育は与える必要があると

  思いますね。

     日本語を習う若者が増えてくれることを願っております。

    面白い資料が表で載ってましたので紹介しましょう。

   06年の調査で、海外の日本語学習者のうち

   初等中等教育段階(小学校・中学校)での学習者と学習機関が

   多いのは

     第一位の 韓国は まあ納得としても

     第二位は何処の国だと思いますか?

     第三位は何処でしょう、

     そして、第四位にやっと中国が入ってきます。

     第二位は以外にも オーストラリア

     第三位は      インドネシア  だそうです。

    これは意外ですね、これが高校・大学まではいると

    全教育段階の総数ですと 韓国・中国の順になりますのですが、

    ということは、オーストラリアの小学生や中学生が日本語をかなり

    学んでいるということなんでしょうね。知ってました?

    財団法人 国際フォーラム さん、

   いつもこの「国際文化フォーラム」をお送りいただきありがとうございます。

             函館日中友好協会

|

« 09年・中国語教室受講生の皆さん、ありがとうございました。函日 | トップページ | 中国国際広播電台日語部・「かけはし」お送りいただきありがとうございます。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中国の日本語教育・大連ー「国際文化フォーラム通信」:

« 09年・中国語教室受講生の皆さん、ありがとうございました。函日 | トップページ | 中国国際広播電台日語部・「かけはし」お送りいただきありがとうございます。 »