« 中国でも、小学生連続殺人事件 | トップページ | 函館日中友好協会・中国語教室、今日と来週月曜は、新年度準備の為休講 »

2010年3月27日 (土)

平山郁夫前会長を偲んでー『シルクロード夫婦行』今週の本

Hirayama  昨年12月、日中友好協会前

  平山郁夫会長が逝去されて

  もう、三ヶ月が過ぎ、

  先月2月には、東京で

  「お別れの会」が催された

  ようです。

  1992年から、第4代

  日中友好協会会長として

  長い間、日中の活動を他の要職を沢山持ちながら、続けて

  こられました。

    とりわけ、南京城壁修復、希望小学校建設、

  「21世紀をめざす日中友好」を提起されるなど、勢力的に

  日中の友好に尽くされてきたことは誰もが知っていますし、

  平山先生といえば、直ぐに思い浮かぶのが「シルクロード」です。

   先生の著書もありますし、他の方との共著も多数ありますが、

  本棚を見ていて、何気なくこの本を手にしてもう一度読み直して

  見ました。

    平山夫人の書かれたこの本『シルクロード夫婦行』は、

   ご夫妻の馴れ初めから、いよいよシルクロードへ一緒に旅立つ

   その様子、この当時のシルクロードは今のように手軽に行ける

   場所ではありませんし、今でこそ有名になった楼蘭も、当時はまだ

  まだ、普通の人がいけるような場所ではありませんでした。

    ウイグルの人に向ける温かい眼、トルファンでの様子など

  が描かれています。

    この本の初版は、2000年ですので、ちょうど10年前ですが

  それでも今読み返しても、恐らくお二人が旅をされたこれらの場所は

  今もそう変わらずに、この本に載っている写真と同じような日常が

  続いていることでしょう。

    西域への旅は、更に前にお二人でされてられますので、その頃は

  許可が無ければ行けないところでしたし、許可があったところで、とても

  普通の旅行とは違った条件の旅であったはずなのに、

    平山夫人の筆は、その辺はごく何でも無かったかのように、

    向けられる眼はその地方での暮らしであり、そこに暮らす人々、

   玄奘三蔵の旅を追体験するこの旅が、実になんの苦労も無いかのように

   あっさりと書かれていることに、今更ながらこのご夫妻の感性に

   感心させられました。

     先生が亡くなれて直ぐに、

    胡錦涛国家主席が弔電を打たれてます、

    紹介しましょう。

   ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー            

            唁  電

     惊悉平山郁夫先生逝去、謹表深切哀悼。

   平山先生乗持中日世代友好信念、長期治致力于

   中日友好事業、為促進両国人文交流、増進両国人民

   友誼、推動両国関係改善発展、作出了重要貢献、先生

   的精神永存、先生的功績将永載中日友好史册、

    望親属節哀珍重。

  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    

     というものです。本当に、

   「功績は永遠に日中友好の歴史に刻まれる」ことでしょう。

|

« 中国でも、小学生連続殺人事件 | トップページ | 函館日中友好協会・中国語教室、今日と来週月曜は、新年度準備の為休講 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 平山郁夫前会長を偲んでー『シルクロード夫婦行』今週の本:

» ラ鐔ゥ僖襯� 小顔エステ [ラ鐔ゥ僖襯� 小顔エステ]
ラ鐔ゥ僖襯譴両佾蕁⌅驒蕁▲侫Дぅ轡礇襯┘好討里款匆陝↗┘好涜慮魁⊇蕾鵐⑤礇鵐據璽鵑癲 [続きを読む]

受信: 2010年4月 2日 (金) 10時59分

« 中国でも、小学生連続殺人事件 | トップページ | 函館日中友好協会・中国語教室、今日と来週月曜は、新年度準備の為休講 »