« 民主党議員 と 中国 | トップページ | 平山郁夫前会長を偲んでー『シルクロード夫婦行』今週の本 »

2010年3月26日 (金)

中国でも、小学生連続殺人事件

Zyb0226011 中国福建省・南平市

 で、3月23日に

 起きた、

  一人の男が突然乱入、凶器を持ったその男が襲い掛かり

  1分足らずの間に、小学生8名を殺害し、5名を負傷させた

  ニュースはあまりにも痛ましい。

    日本で同じような事件があった時、日本は病んでる、と

  思った。アメリカでも学校での銃の乱射事件などもあって、

  アメリカも病んでいる、と思っていた。

    それは、どこか社会そのものが病んでいる国に起きる

  何か言い表し難い、特異なそんないや~な事件だった。

    そして、こうした事件は中国では起きないだろうと思って

  いた、別になんの根拠も無くそう考えていた。こうした事件は

  急激に発展した社会の表面上は整備された高度に人間関係が

  薄くなったそんな国で起きる事件で、まだ、地域社会とか人と人の

  関係がある濃密さを保っている社会では、殺人事件はあるだろうが、

  こういう形での事件は起こらないだろうし、起こって欲しくないと

  思っていた。

    それが、あっけなく裏切られた。

   犯人は直ぐに捕らえられた。しかし、真相は分からない。

  こうした事件の後味の悪さは、この点にもある。最後までなんで?が

  解消されない。

   化学繊維工場にある付属の病院の医師だという。

   人を救うはずの医師がなんで、それも全く関係もない子供達を?

   犯人を知る人の証言では、多くの人が、好い人だよといい、

   子供好きで、普段の生活は何ら変わったところががないそんな人が何故?

   と口を揃えて言う。

   同僚の話では、医師としの腕前もなかなかで、患者の評判の悪くない、

   という。性格的に捻くれているところがないわけじゃなく学校時代の友人との

   交流は少なかった、というが信じられない、なんで彼がこんなことを?

    更に驚くには、捜査段階でのこの犯人の話として漏れてきているのが

  計画では30人の小学生を殺害しようと計画していたと、本人が言ってる

  らしい。

    

    犯人は41歳。未婚。最近になって職場である病院の院長との関係が

  上手く行かず、病院を辞めることになったこと、恋愛が上手く行かなくなった

  こと、考えられるあれこれを並べてはいるが、

    こうした事件のどれもがそうであるようなに、どんなに並べられても

  そんな事情が何の役にも立たない。

    負傷者5名とはなっているが、かなり重症で命が助かるかどうかの瀬戸際

   の子供もいるらしい。

    

    何でも社会の所為にするのも嫌だが、どうも後味が悪い。

 

    

|

« 民主党議員 と 中国 | トップページ | 平山郁夫前会長を偲んでー『シルクロード夫婦行』今週の本 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中国でも、小学生連続殺人事件:

« 民主党議員 と 中国 | トップページ | 平山郁夫前会長を偲んでー『シルクロード夫婦行』今週の本 »