« 函館日中友好協会・中国語教室、今日と来週月曜は、新年度準備の為休講 | トップページ | 中国のタバコ 事情ー『隗報』78号 »

2010年3月30日 (火)

分からないことが分かった、中国ギョーザ中毒事件

 今日になったらもうグンとその報道量が少なくなってますから、あと

 数日もしたら話題にもならなくなるでしょうが、

   「毒ギョーザ容疑者拘束」の第一報が入ってきたのは先週土曜

 だったと思います。

   それで、いろいろな所へ出かけてはこの話題になりますので、

  一応お付き合いはしてますが、個人的な感想から言えば、

  どうも、この事件分からない、その分からないということが分かっただけ、

  という何とも進展してるのかどうかすら分からない結論だという感想です。

   整理しますと、

  マスコミの発表は当り前ですが、全て中国当局関係者という書き方が多い

  のですが、まあ今回の中国公安省刑事偵査局発表の素材をそのまま

  ただ、発表してるだけです。誰も確かめてもいませんし、確かめる術も

  ありません。

   ですので、分かったことは、

   犯人と中国側が言う呂ナントカさんが拘束された、

   それを中国側発表した、

   分かったのはこの2点だけです。

    分からないことは沢山ありまして、

   一番が、何で2年もかかったのか?と何で今になって分かったのか?

   が大きな疑問であと分からないことは山の様にあります。

    これらはもう分からないまま終わりそうです。

    呂ナントカさんは、実在はするようですし、この天洋食品という会社に

   勤めてはいたようです。

    あとは全く不明。どんな勤務だったかも、いつ容疑者として拘束された

  のかも、その供述内容で発表されているのは、会社への不満、だというが

  それだとまた、なんで?という疑問が湧いてくる。

    会社を困らせる方法として、わざわざ日本への輸出が決まっている

  ギョーザに何で?そんなことをしなくてはならないのか?

    結果日本であのような事件が起きて、確かに会社は困った。

   彼の思い通りになった。会社は閉鎖を余儀無くされたが、その後の2年

   彼は一体何処で何をしてたのか?

    犯罪の動機などに一般常識との整合性がないのは分かる。

   別に誰もが納得できる犯行動機などはない。

    では、方法は。注射器で?何で?注射器なんか使うの?

    それがまた都合よく?見つかって、残留物もあったって。

    会社の出入り管理はどうなってるの?自供?によると最初の犯行日が

    10月1日にですが、中国国慶節のこの日は会社はお休みだと思い

    ますので、出入りは却って難しいと思いますが。

    というように細かい疑問を書き連ねれば切が無い。

   ですから、申し上げましたように、分からないということが分かった。

  

   確かなのは、中国側がこの日にこの事件を終わらせたかったということ

   でしょうか。

    発表が土曜で、それがマスコミに取り上げられる、日曜で日本の新聞が

   は夕刊がないこと、テレビなどの夜のニュース番組がないこと、

   ぐらいは発表の際の考慮?には入るでしょうね。

    更にこの時期、というのは何なんでしょうね、日本の年度末ですが、

   年度を越えたくなかったんですかね。

     分からないことだらけで、分からないまま解決?となりそうですね。

   というように何処までいっても分からない、

    別にこのことに限らず何事につけても分からないことは多いし、

   分かることなんかほんの僅かなのだから、

    分からないことは分からないままとっておけばいいので、

    分からないことがこれだけあった、ということを忘れずにおけば

   いいだけだ、と思っている。

|

« 函館日中友好協会・中国語教室、今日と来週月曜は、新年度準備の為休講 | トップページ | 中国のタバコ 事情ー『隗報』78号 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 分からないことが分かった、中国ギョーザ中毒事件:

« 函館日中友好協会・中国語教室、今日と来週月曜は、新年度準備の為休講 | トップページ | 中国のタバコ 事情ー『隗報』78号 »