« 2010年、中国テレビ年末番組『春節聯歓晩会」を見る | トップページ | 西洋人の眼に映る中国、今週読んだ本『カタリーナ中国人社会にふみこむ』 »

2010年2月19日 (金)

春節を終え、故郷から再び戻る人たち、春運返程客高潮。

  函館は今日もほんの少しですが、雪が舞っております。寒さも先日来の酷い

 寒さからは抜け出しましたが、今年は寒い日が多いようです。

  中国は14日の春節からほぼ一週間が過ぎようとしております。

  ということで、故郷へ戻り、一家団欒の時を過ごした人たちが今度はまた

  職場へ、嫁ぎ先へ、或は旅先から、海外から戻ります。

   往きがあれば、帰りもあるということで、ほぼ行きと同じ人たちの移動が

  ありますので、ここまでが「春運ツゥン・ユン」といえます。

20100217105133photo1_01  こちらも、交通の要所といえる各駅での

 臨戦態勢に入っております。

  新しい年を迎え故郷で、過ごした

  このお正月はどうだったのでしょうか、

  それぞれがその想い出や、新しい年

 に期するなにかもあって、帰途についている

 ことでしょうね。

  お正月気分もそろそろ、この辺りでお終い。

  また、日常に戻ります。

    私ども協会の新年を迎える「春節聯歓会」も無事終えることが出来、

  そのニュースが新聞に掲載されてから、「参加したかった」とのお知らせ

  を戴いたりしておりますが、この中国のお正月を留学生を一緒に迎える

  催しは、毎年中国のお正月(春節)に合わせて行われておりますので、

  その時期になりましたら、注意してこちらのホームページなり、ブログなど

  でもご案内はしております。ただ、旧暦でお祝いいたしますので毎年少し

  ズレガありますので、近づきましたら、ご注意してご覧いただけますよう

  お願い致します。

   どうしても、新聞記事は、こういうことがありました。

   の報告記事となりますので、それをご覧になったときにはもう終わって

  いる、ということですので、事前にお知りになりたい場合は問い合わせて

  いただくか、広報などをご覧になっての確認をお願い致します。

   函館日中の「春節聯歓会」は、会場となりました、青年センターの

  ホームページでも、写真と共ご紹介いただいております。

   青年センター厨房は、何からなにまで、道具が揃っていて大変

  助かりました。ありがとうございました。

    お正月気分もそろそろ・・・・

  と、言っても普通の人には何のことやら分からないでしょうが、

  これは私だけのことでしょうが、そろそろお正月気分からも抜け出して

   溜まった仕事を片付けなくてはなりませんが、

   だれも、今どき正月気分に浸っている人がいるなどとは考えも

  おられないでしょうから、まぁ普段からこんな人と

  映ってるでしょうから、それでいいですが。

|

« 2010年、中国テレビ年末番組『春節聯歓晩会」を見る | トップページ | 西洋人の眼に映る中国、今週読んだ本『カタリーナ中国人社会にふみこむ』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 春節を終え、故郷から再び戻る人たち、春運返程客高潮。:

« 2010年、中国テレビ年末番組『春節聯歓晩会」を見る | トップページ | 西洋人の眼に映る中国、今週読んだ本『カタリーナ中国人社会にふみこむ』 »