« 2010年春節聯歓会(中国のお正月を祝う)・函館日中友好協会 | トップページ | 中国中央電視台「春節聯歓晩会」を見る。2010年 »

2010年2月16日 (火)

春節満喫? 函館日中「春節聯歓会」2010年

Baozhi  函館は今日も寒いです。初三(春節三日目)。

 中国ではまだまだお正月気分、テレビも特別番組が続いております。

  今日の地元紙「函館新聞」で、日曜日の春節の会の様子を取り上げて

 いただきました。ありがとうございました。

  

  中国の留学生もそれぞれ出身地はいろいろでして、北の方もおられれば

 南の方もおられて、それぞれに習慣なんかもちがったりして、一緒にギョーザ

 をいただきながら、そんなお話もできました。

 ギョーザのその作り方もまた、各地であるいは家庭でそれぞれ違いがあって

  面白いというか、興味が尽きないものがあります。

Kasumi_1 この日の最年少参加者は、袁さんご一家の

  かすみちゃん。ちょっと、お昼寝の時間と重なりご機嫌ななめで、また

  突然人が大勢のところに来ましたので戸惑ってたようですが、それでも

  やはりいつも顔を合わせる北大留学生の何人かには人見知りもない

  ようで、遊んでました。

Nan_hai 日本側最年少は7歳の彼。

 一生懸命メンを捏ねてましたし、

 このあと、ギョーザの皮作りにも積極的に

 参加してましたし、留学生からあれこれ指示されて

 それに習ってなかなか素質のいいところを見せて

  くれてました。

   留学生はすぐ次ぎの世代です。もうまもなくそれぞれがお国に帰り

  それぞれの活躍の場を見つけ、中国で活躍されることでしょう。

   そんな時、函館に留学していた頃のひとコマを時々でいいから

  思い出していただき、日中の友好の架け橋に今後ともなっていただける

  よう期待しております。

   さらに、このような参加最年少の子供達はきっと、思い出としても記憶には

  残らないでしょうが、それでも、次ぎの次ぎの日中の関係をになうのはこの

  世代の人たちです。

   この子達が大きくなった頃の、世界はどうなってるでしょうか。

   

   2010年、この先数年の日中の関係はまた大きな意義を持つことでしょう、

  そうした時代を造り上げ発展させるのがいま丁度留学に来ていらっしゃる、

  20代の人たちの肩にかかっています。

    さらにその下の、21世紀中の世界を作り上げるそんな今子供たちの

  世代は、地球規模で世界がどうなるかが問われるでしょう。

    もっともそんな先はもうこちらが実際には見れないでしょうが。

   若い人たちに沢山集まっていただき、また新しい年を迎えることが

  できました。

    ありがとうございました。

                           函館日中友好協会

|

« 2010年春節聯歓会(中国のお正月を祝う)・函館日中友好協会 | トップページ | 中国中央電視台「春節聯歓晩会」を見る。2010年 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 春節満喫? 函館日中「春節聯歓会」2010年:

« 2010年春節聯歓会(中国のお正月を祝う)・函館日中友好協会 | トップページ | 中国中央電視台「春節聯歓晩会」を見る。2010年 »