« 中国・新疆 の 大雪 | トップページ | 見る側 と 見られる側の 論理 »

2010年1月21日 (木)

日本航空 の 中国路線

  毎日のように、日本航空JAL の話題が、取りざたされ、

  昨日はとりわけ、「日航が更生法申請」の見出しが躍った。

   ことここに到りすでに、「再建」「再編」へ向かってのあれこれが

  沢山書かれていたが、

    日航に限らず、ここに到るまでの、その責任の所在もハッキリさせず、

  なんでこうなったかの分析・反省もほどほど?に

   もう目は先に向いているらしく、相変わらずの、「日航はこうなる・・」の

  予想合戦の報道は、とても日本らしいな、と思う。

   日航は最近になっても、というか

  近年中国路線に相当力を入れていた印象が私にもあって、

  上海便などは、どれ位あるのでしょう、相変わらず調べもせずに書いて

  ますが、相当飛んでますよね。

   中国の行く先は、まあ向こうが国際空港でなくてはいけないので、

  その数事態は限られているのでしょうが、

   JALが中国便に力を入れていたのは、とりもなおさず、中国経済の

  伸びに期待してのビジネスの部分での需要を狙ってのことと思います。

   また、上海について言えばご存じの通り、今年万博がありますので、

  上海便を手厚く、と言う考えだったのでしょう。

   確か、上海にまた日航のホテルを新しく建設中だったと思いますが、

  あれはもう、そろそろ完成したでしょうか。

   前回その建設現場は見ましたがまだコンクリート打ち抜きの状態でしたが、

  外に香港便、北京便などを合わせおそらく、

   単純に見積もって、毎日例えば6都市に飛ばしたとして、また一都市

  一回だけの便数ということも無いでしょうから、50便以上は中国へ、

  日航一社だけで飛んでいると思います。

    これに全日空が、そして、中国からの向けて飛んでくる中国航空会社、

  更には、その他の国の便が日本・東京(成田)を経由しての中国便もあり、

  空の便も過当競争ぎみの感がいなめません。

   私が、日航と中国を結ぶ路線で、すぐに思い浮かぶのは、

  もうすぐ9年も前になりますが、ちょうどこの季節、2001年の1月の末

   北京から飛んできた、JAL機が雪のために目的地成田に降り立てず、

  仕方なく関空に降りたのですが、、

    その際の、私に言わせれば、日航の説明不足というか、

  言葉の問題から行き違いが問題を大きくして、中国人の乗客のみが

  不当な扱いを受けたとして、訴えられたあの事件のことがすぐに思い

  浮かびます。

   結局、訴訟で日航側は敗北し、高い授業料を払ったのですが、

   この、目的地に天候その他の条件で上手く着陸できずに

  他の地または、引き返すなんてことは、飛行機であれば始終?している

  ことなので、このこと事態はなんの特殊性もないのですして、

  他の便では見られず、JALの便だけがそなったのには、そこに

  問題があったからでしょう。民族差別とまで言われたこの問題が

  大きくなるには、発生後の日航側の対応にも問題もあったのでしょう、

  会社が変わるというのは、そうそう一両日ではならないのかも知れませんが

  安全をどう確保するかが、

   誰もがおっしゃるように航空会社の第一の使命でしょうが、

   それと同時に、サービスもおざなりにならないように願ってます。

   本来のサービスとは何かを考えれば、

  安全に運ぶ、というのが第一のサービスですから、

  本来?のサービスを心がけていれば乗客は戻るでしょう。

  サービスも無くてもいいようなサービスに勢力を注いだりするから

  そのうち、疲れちゃうのでは。

    JALのホームページをちょっとついでに覗いてみたら、

  「JALは飛び続けます」 ご安心下さい、

   とあった。

|

« 中国・新疆 の 大雪 | トップページ | 見る側 と 見られる側の 論理 »

コメント

JALの職員の平均給料はスカイマークの2倍である。
JALのパイロットは会社から自宅まで社用車で迎えに来るが、ANAのパイロットは電車通勤である。
JALの退職金や年金はANAに比べて極めて高額である。
完全民営化しなかったために、かつての国鉄と同じ親方日の丸体質で、連合傘下の労組に支配されてきた。
完全民営化しておれば、JALの株式の売却収入が国庫に入っていた上、民営としての努力により破綻することもなかった。

投稿: JALの法的整理 | 2010年1月21日 (木) 21時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本航空 の 中国路線:

» 無料航空券でタダで海外旅行! [無料航空券入手法]
航空会社が直接発行する正規の無料航空券を手に入れ、ファーストクラスにまで乗ることができる、驚きの無料航空券入手法とは? [続きを読む]

受信: 2010年1月21日 (木) 12時35分

» JAL,ANA株主優待券 販売専門店【GAI-NET】- 国内航空券が格安に! [JAL,ANA株主優待券 販売専門店【GAI-NET】- 国内航空券が格安に]
JAL・ANA株主優待券 売ります! 株主優待券1枚で国内全路線の普通運賃(片道)が50%割引でご購入できます。株主優待割引は航空会社の割引きのないピーク期間もいつでもご利用可能です。 [続きを読む]

受信: 2010年1月27日 (水) 09時57分

« 中国・新疆 の 大雪 | トップページ | 見る側 と 見られる側の 論理 »