« 冷え込む寒い日は、中国茶でホッと一息 | トップページ | 明天、二十一号是今年最后一次課、明年尚望多多幇助。函館日中 »

2009年12月19日 (土)

『 在日新華僑 』50人の新中国人ー新刊紹介

Xinhuaqiao  『在日新華僑』

  東方通信社 発行

  ティ・エー・シー企画 発売

  09年10月発行、

  定価 1500円

  扉の画の右側にそのインタビューを受けた方の

  お名前が列記されておるのですが、残念ながら

   これでは見切れませんね。

     こちらの本は50人の中国人へのインタビューからなっております、

   そして、そのインタビューを受けた50人がみな在日華僑の方たち、

   という共通点をもっております。

    一般の書店には出ない、或は一般の方は購読されない、様々な

  専門誌や、地域誌、業界誌などには、実は必ずそうした新聞や冊子、

  雑誌の一つのコーナーとして、こうした観点でのインタビュー記事が構成

  されていることが多いんですね、実は。

    まぁ大体、ありますねこうした囲み記事が、連載となってそれぞれ

  読みきりの形で、ある人を取り上げたり、ある事象を取り上げたりの

  ものですが、さまざな分野で活躍される、人に光を当てるやり方は

  よく見られます。

     これとは逆に、中国で活躍する日本人へのインタビュー記事を連載

  している新聞・雑誌もあります。

   この本は、ですので、日本で活躍されておられる中国の方たちへの

   インタビューを纏めて形成したものです。

    インタビューを受ける側はそれぞれの場で活躍されておられます

   インタビューをしているのは、北京放送局の 張国清さん、

    総じて入れることは、こうしたよくある囲み記事のような小さなものも

   それをこうして本にして纏めて一度に読んでみると、これはこれで

   一つ一つを見るよりも違った感想を与えてくれます。

     お一人お一人のインタビューの長さはそう長くありませんので、

   込み入った話はしておりませんが、それが却って、全体にとてもスッキリと

   日本と中国の両国を両方知っておられるかたの主張が良く出ていて

   ある纏まりを感じさせる仕立てになっております。

    50人の新華僑の中にも何人か存じている方もいらっしゃり、更に数名は 

   お会いしたこともありますので、その点でもとても身近に感じるそんな

   インタビュー内容になってました。

     更に更に、今はもっともっと沢山の華僑の方が日本におられますので、

   何故あの人は入ってないの?というくらい50人に纏めるのは大変でしょうが、

   これを機会にそれぞれの、例えば、私の住む

    北海道版『在日新華僑』なんてな地方版が出ることを願っております。

    お贈り下さいました、

    当方通信社・高橋様、ありがとうございました。

                     函館日中友好協会

|

« 冷え込む寒い日は、中国茶でホッと一息 | トップページ | 明天、二十一号是今年最后一次課、明年尚望多多幇助。函館日中 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/90348/32662906

この記事へのトラックバック一覧です: 『 在日新華僑 』50人の新中国人ー新刊紹介:

« 冷え込む寒い日は、中国茶でホッと一息 | トップページ | 明天、二十一号是今年最后一次課、明年尚望多多幇助。函館日中 »