« 08年12月12日、大庚会・老人ホーム松涛、高橋病院ゆとりろ | トップページ | 08年12月14日、離開函館 ー 最后一天 »

2009年12月13日 (日)

08年12月13日ー瀋陽民族楽器小組の休日、第七天

  今日函館はとてもよい天気ですが、時折白いものがハラハラと舞ってます、

 ですが、とても積もるような勢いではありませんので、道路だけ見てると、春の

 ような様子です。一年前の今日もこんな感じでした。

   この五人の演奏家が函館へいらして、七日目。

  果たして以前にもこうした形態の外国の演奏かなり芸術家を招いて一つ都市に

  こうして、長いこと留まって交流を続けたことが、あるのかどうかは知りませんが、

  少なくとも、函館日中始まって以来のはじめての経験です。

   当然、七日目ともなればすっかり、私たちも打ち解けて、中国で意思疎通が出来る

  者は中国語で、出来なければ、筆談と傍にいる人の通訳を通して、交流を進めて

  きました。それ以上に長くいるとそこは大体どうも意思疎通は何とかなるようです。

121 この前の日の函館山での、日中主催のお礼の会は、その人数が

 30名程度と少ないこともあって、一テーブル7名くらいのテーブルで

 4テーブルの函館山山頂レストランでの、交流となり、この席でも

 中国からのお客様も寛いでいる様子が、とても愉しそうでした。

  写真左側に眼下に函館のそれはそれは、この日の冷え込んだ

 空気でより一層輝きをましていた夜景を眺めながらの交流は、

 とても想い出深いものとなりました。

   山の上でも張さんの二胡の演奏が聴けました。

 絶好のロケーションでの二胡の音色は、素晴らしいものでした。

   こんなにも近い交流ができたのもこじんまりした人数だからでしょうが、

   一方でこうした場にもっと参加したい一般の市民や、中国語を習って交流を

   希望する人が入ってくれて交流を計れればもっと好いのかとは思いましたが、

   それはそれで、人数の点で難しいのかもしれません。

     さて、この日(七日目)の私ども計画は、このお客様たちに最後の一日

  自由に楽しんでいただこうと思い、全くなんの計画も入れず、この日の希望を

  この方たちに伺い一緒の行動することを決めておりましたので、スケジュール

  上は空っぽの一日でした。

    結局ご希望は、お土産買いと、最後の海鮮料理がご希望とのことでしたので、

  朝は以外にもっとゆっくりするのかと思ってましたら、先ずはデパートからスタート

  ということでして、丸井今井デパートが開店する10時を待って、デパートへ。

   このあとの買物騒動も、先日の話と同じですが、凄い購買意欲と購買力を

  見せ付けられました。丸井さんの店員さんが付きっ切りでお世話くださいました、

  それにしてもこうなるとめいめいがそれぞれお目当ての物があるようでして、

  此処では通訳不足です。此処をカバーするボランティア通訳が必要でした。

    なにせデパートを右に左に、上に下にをそれぞれがしますので、一人に一人

  の通訳が欲しかったです。この日はこの後も、

    化粧品を買いに大型量販店へ、さらに買い足りない家電を買いに電気店へ

  移動中に楽器店を見つけたら、日本の楽器店も覗くなどして、

    昼はリクエストのあった、海鮮を売り物にする、港近くのお店へいって、

  食べ収めとばかりに、函館の海の幸を堪能しましたよ。

    遊んでるんですから愉しくないはずがありません。何処へ行っても賑やかな

  この人たちの移動は、相当目だってたでしょうね。

123  何にでも興味を持ちます。たこ焼きを見つけて、早速

 それを買って、立ち食い。

  寄り道が多いので進まないこと甚だしいのですが、

  それでもこの人たちが好んでそうしているので、

   そのための一日でしたので、楽しんでいただけたようでした。

    この日は宿泊先を、函館湯の川へ移動。

  日本の温泉も味わっていただこうというわけです。

   ついでに最後の一日ですので、私も彼らと同じ宿に泊まることにして、

   夜は劉団長とも一緒にお風呂に入れましたし(勿論大浴場ですよ)

  裸のお付き合いにも近づいたということでしょうか。

   風呂上り一部屋に集まり、御酒も入って、

   ご機嫌の劉団長が、爪弾くというか、浴衣姿のまま、

   腕鳴らしに琵琶を手にして少し遊んでる間に、

   じゃぁ、というので、琵琶を演奏して下さいました。

   これがまた、素晴らしいのです、

   値のあるそんな夜でした。

    この日お世話になった、丸井今井デパートの皆さんありがとうございました。

  訪れたそれぞれのお店の店員さんも丁寧に対応していただきました、

   函館の印象はこんなところからもとてもよかったようです。

   ありがとうございました。

             函館日中友好協会

|

« 08年12月12日、大庚会・老人ホーム松涛、高橋病院ゆとりろ | トップページ | 08年12月14日、離開函館 ー 最后一天 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 08年12月13日ー瀋陽民族楽器小組の休日、第七天:

» 一阿のことば 17 [ガラス瓶に手紙を入れて]
※皆さまへご連絡12月15日、天皇陛下と中国副主席の会見が行われてしまいました。引き続き、政府への意見を送付したいというご要望がありますため、14日、一つ下の記事*〔しーたろう〕の宮内庁等へ送信した意見書文例公開*に公開した「会見中止を求める意見書」を改訂し、「会見後の意見書」として再公開いたします。ご参照頂けましたら幸いです。  〔しーたろう〕... [続きを読む]

受信: 2009年12月15日 (火) 18時01分

« 08年12月12日、大庚会・老人ホーム松涛、高橋病院ゆとりろ | トップページ | 08年12月14日、離開函館 ー 最后一天 »