« 難忘的一天、難忘的情景 - 08年・瀋陽音楽学院在函館 | トップページ | 中国のジーチャン(機場)-ウェブ版「私の見た中国」 »

2009年12月16日 (水)

FMいるか・ハッシーのノンビリ坂スタジオへ。13日(日曜)

  函館は、というか、どこもこの近くはそうなんでしょうが、大雪です。

 ン?でした、か。漸く止みました。でもまだ、降るのかなぁ。

   兎に角、一日半くらいの間にドカンと降りましたね。雪で喜ぶ人もいるというから

 それはそれで、好かったのでしょうが、南の方には分からない、雪かきの

 大変さがあります。それで、序に言っときますが、雪もあれで種類がありましてね、

 時にはエライ重い雪と、サラサラの軽い雪とでは、この雪かきの辛さが違います。

  更にかいた雪はどうするのか、というとですね、街中ではそんな土地に余裕が

 ありませんので、大概は車道と歩道の間、縁石があるあたりに積み上げます、

 それがそこそこの高さになると、これが車から見づらいし、こっちからも車が見えに

 くいし、危ないのです。その上、こうして積んじゃうと、もう溶けるのに時間がかかる

 んですよ、コレが。

   南の人にはウソのような話ですが、車の雪を払い、家の前の雪を除け、 

  そんでやっとこさ出勤すると、道路は雪道で交通渋滞と言うやつで、

  大変なんですよ、北国の冬の生活は。

    そんな、雪の話ではなくて。遅くなりました。13日、第二日曜日でしたので、

  FMイルカさん、ハッシーののんびり坂スタジオ、のんびりカレッジにお呼ばれ

  で行ってきました。

    実は先月、私の方の勝手な都合で、お休みしまして、申し訳ない、

  一回お休みしちゃいましたので、二ヶ月ぶり。

   だ~れも待っちゃいないでしょうが、こちらは久しぶりだなぁ~感が。

   今回のお話は、何度も中国へ足を運んでるようだけれども、

  中国の旅は何がそんなに面白いの?

    がテーマです。

    大体旅は面白いもんなんですよ。そう、お考えにならない方もおありで

    しょうが、場所が何処でも好いのですが、旅は愉しいものです。

    まぁ、私の場合は、旅イコール中国みたいなもんですし、

    私が呼ばれているのはとりもなおさず、中国の話題ですので、

    中国の魅力ですが。

    名所旧跡、世界遺産、歴史的建造物、奇岩絶壁、に苦労はしない中国

    それを見るだけでもそうとうかかりますよ、なんせ広いですし、見るべき

    個所も多いですから。

      そんな旅は大なり小なりどこの国にでも見るべき場所、見るに値する

    場所は、中国に限らずあります。

 

      それをあげつらっても、そんなのはこんな時代ですから行かなくとも

    映像で見れたりしますしね。

      そこで、私がこの日話題に取り上げたのは、中国食文化ですね。

   いや他にもナンヤカンヤと沢山ありますが、人間の楽しみの一つはまた

   食べることにあり、旅先での食べ物はこれまた日々の私たちの食事とは

   また違った面をもつことは容易にお分かりいただけると思います。

     食べる楽しみの話題はいろいろあるんですが、

     ツアーで行かれるとどうしても毎日ご馳走攻めにあって、それはそれで

   中国食文化の奥行きは感じることができるでしょうが、実は食はその国の

   人たちの普段に食べているそんなものの方に面白いものが沢山あるんですが、

   どうも日本に伝えられる中国食文化は、目が飛び出るほどの高額な高級

   料理とか、誰が食べるのよ、というような変わった食材が取り上げられ、

   中国の人は誰もこんなんのは食べてないなぁ、という画が多いです。

    しょうがないか、華も奇もないのを写しても誰も見てくれないし話題にならない

   でしょうから、でもですね、本当の日々の暮らしと言うか、根幹の部分は  

   そんな目立たない、パット見た目、何の変哲もない、飾りのないところに

   あるんですね、これが。

     そのあとは、中国と日本の違いについての話を、ということで、

    私は料理と絡めて、中国男性が非常によく台所に立つ話をしました。

    もうちょっと、中国の男女同権の、社会(職場)と、家庭でのそれぞれの

    役割分担、地位の確保、社会認識などにも触れたかったのですが、

    ここで時間になりました。

     一ヶ月ぶりのお話も愉しかったです。あっと言う間に時間になりました。

   ありがとうございました。

    また、次回は違った話題でお目にかかりましょう。

      FMいるか さん、 ハッシーののんびり坂スタジオ ブログ

    へもどうぞ。

  

|

« 難忘的一天、難忘的情景 - 08年・瀋陽音楽学院在函館 | トップページ | 中国のジーチャン(機場)-ウェブ版「私の見た中国」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: FMいるか・ハッシーのノンビリ坂スタジオへ。13日(日曜):

« 難忘的一天、難忘的情景 - 08年・瀋陽音楽学院在函館 | トップページ | 中国のジーチャン(機場)-ウェブ版「私の見た中国」 »