« 高齢化社会 を どう迎えるかー『隗報』76号 | トップページ | 函館ユネスコ協会 ・ 留学生との交歓の集い »

2009年11月27日 (金)

書道展 『開港地を謳う』 道立函館美術館へ

Piao  函館開港150周年記念

   開港地を謳う

 の展示を見てまいりました。

  こちらは、

  11月29日(日)までの

 開催ですので、

  あとは、今日・明日・明後日

 のみの開催ですので

  まだの方、見に行こうと予定されて

  おられる方はお急ぎ下さい。

   この展示に作品を出品されておられる

  飯高 和子先生から、ご丁寧なお手紙をいただき、

  お誘いをいただきました、ありがとうございました。

   また、それに先立ち、北海道日中友好協会古本理事長

  からも、チケットと丁寧なお誘いをいただきありがとうございました。

Shu_fa  こちらは、飯高先生からお誘いをいただいた

 時に一緒にお送りいただいた、お葉書の書。

  この書道展は大変沢山の作品が出品されて

 おります。

  開港地を謳う(うたう)ということで、

  作品に縁のものも多かったようです。

  飯高先生の作品も、「♪ 赤い靴はいてた 」

  というあの歌をテーマにしたものでした。

   飯高和子先生、ありがとうございました。

  

   あと残された開催日が3日間しかございません、

  どうぞ、ご覧になってない方はお急ぎ下さい。

  

|

« 高齢化社会 を どう迎えるかー『隗報』76号 | トップページ | 函館ユネスコ協会 ・ 留学生との交歓の集い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 書道展 『開港地を謳う』 道立函館美術館へ:

« 高齢化社会 を どう迎えるかー『隗報』76号 | トップページ | 函館ユネスコ協会 ・ 留学生との交歓の集い »