« 『お茶のある暮らし』 - 今週読んだ本 | トップページ | 中国青年代表団 を 受け入れて »

2009年11月 9日 (月)

中国青年代表団第2弾、訪日の様子

  日中友好しんぶん

  『日本と中国』第2042号 10月25日号より、

 -------

   10月14日から8日間の日程で来日していた09年度中国青年代表団

 第2陣が21日に帰国した。

  日本滞在中は各地で同世代の若者と交流、日本についての理解を深めた。

   代表団はA団青年指導者分団約100人、

  B団大学生分団50人、C団公務員分団60人、D団医療衛生分団52人

  E団経済界分団52人、F団環境・エネルギー分団50人、G団科学技術分団50人、

  H団学術研究者分団50人、I団メディア分団40人、の

    9分団計500人。

  (社)日中友好協会はD団医療衛生分団とE団経済界分団の2団の

   計104人を受け入れた。

   総団長は秦文貴・中華全国青年連合会副主席

  (中国石油天然ガス集団公司行程技術分公司副総経理・48)

   がつとめた。

    一行は東京で歓迎レセプションや環境セミナー「俯瞰的に見た

  地球環境問題」に出席、全団合同で歌舞伎を鑑賞するなどした後、

  分団ごとに日本の各地を訪問、専門分野が同じ日本の若者と座談会

  を開くなどして意見を交換した。

   医療衛生分団と経済界分団は東京のほか、それぞれ兵庫と大阪・京都

  を訪問、両団の受け入れにあたってはNPO日中医学交流センターや

  赤穂市民病院(赤穂市)、NPO大阪府日中友好協会、日中経済貿易センター、

  大田区、大阪府、大阪府立大学などの協力を受けた。

    今回の代表団は「21世紀東アジア青少年大交流計画」の一環で

  日中両国は08年から4年間、年間4000人規模の相互訪問を実施する

  ことで合意している。

   今年の第1陣493人は7月27日から8月3日まで来日し、

   協会は第1陣の8分団のうちC団公務員分団51名とH段青年企業家分団

  23人の計74人を受け入れた。

    -------

      というのが概要で、

  こうした目的別の交流はその目的がハッキリしているだけに

  交流の成果も大きかったようです。

   詳しい内容はこのあと少し分けて掲載します。 

|

« 『お茶のある暮らし』 - 今週読んだ本 | トップページ | 中国青年代表団 を 受け入れて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中国青年代表団第2弾、訪日の様子:

« 『お茶のある暮らし』 - 今週読んだ本 | トップページ | 中国青年代表団 を 受け入れて »