«  ○ 月餅 ゲッペイ の 話し、2 | トップページ | ○ 月餅 は どうなる ○ »

2009年10月29日 (木)

○ 変り種 月餅ゲッペイ 3

  月餅 ユェ・ビン の話の 続きです。

 昨日少し触れましたが、以前ちょっとその包装に懲りすぎて

 これはちょっと行き過ぎじゃない、と言うものが多かったのですが

 パッケージもなかなかにオリジナルデザインで面白いものが

209fa8b0039cb0f8461  ←これなんかは、日本の重箱を

意識してると思うんですが、重ね型

になってまして、各段にそれぞれ、

違った味の月餅が入っていて、味も

 いろいろ楽しめるという趣向のモノで、重ねて外側の屏風のような

 後ろに見えているもので囲むとこれがまた一つのデザインになって

 いる、という優れものです。ただ・・無駄だよなぁ~とは思います。

  月餅は丸くなくては月餅じゃない、ナンテのは旧い考えでして

Sannkaku30a91 ← △ 三角だよ、三角。いいの?

 月が三角で。まぁ目立つは目立つ

 よね、これだと、他のとのはそりゃ

 もう、違うわけでして、○いのが

 並んでいる中にこれがあるわけですから、一層目立ちますし

 話題にもなります。ただ、何なのそれが?と言ってしまえばもう

 それまでです。

   あのですね、何事にも先ず基本というのがありまして、その

 先にこうしたものがあるのは、別に不思議ではないですが、それが

 余りに行き過ぎるとまた、ちょっとどうかな・・・と。

  例えば、牛乳は私ですと、あのぶ厚い牛乳瓶が基本としてあるわけで、

 あの何とも外に無い厚めのビンで口にあたる部分がまたちょっと他と

 違っていたり、あの紙のフタを取りづらいながら、エイヤッとこうヒッペ

 反して、外に汗をかいた牛乳瓶の外の感覚を楽しみながら風呂上りに

 飲む、という先ず基本があります。

   そして、牛乳は「白」という基本があってこその、「コーヒー牛乳」や

 あれは何ていうの特別な名前があったはずだが忘れちゃった、オレンジ

 の入ってる奴やらが、出来てきて、それを更に余り増やしちゃうともう

 イケないのです。基本に戻るというが正道です。

   おっと、話を月餅に戻しましょう。

  それで、今度はその中身をどんどん色々作り始めました、中国でも。

Ji_dan_22917435a41_2 ←これは、まだ基本の中国の月餅の

 餡の種類の一つ、黄色いのは卵の塩漬け

 を真ん中に挟んで、両側に小豆餡が黒く

 見えてますよね、中間の茶色いはいろいろ

 ですが、まぁ此処も甘い餡とお考え下さい。

   私がこの組み合わせが好きなのは、食べると、真ん中に塩味の

 ものが入ってますので、上手いこと食べると、甘い・鹹い・甘い・鹹い

  となって、交互にその口の中で広がる味の面白さが痛く気に入りまして

  これは好いと、誰からにお薦めしてました。

  でも、この辺までですよね、楽しいのは

Chaye_1627dca54b1 ←こちらは、お茶味を加味しました。

日本では抹茶ケーキなんてのは珍しくも

ないですが、中国は最近になって現われ

ました。

  どうでしょう、この辺がギリギリかな・・と私には思えます。

  これ以上どんどん奇をてらっていくともう

  私にはついて行けません。

   まぁ、このあと、それがどうなるかは中国の人たちが決めるというか

 売れるものが生き残るのでしょう。

  経済社会では常に生き残るものが正しいので、

  あと数年その結論が出るまではかかりそうですが、

  先ほどの牛乳の話で申しますと、一時あの牛乳瓶の牛乳が見えなくなった

  のですが、最近になってまた、それ専用の自動販売機などがお風呂屋さんに

  備え付けになっていたりして、また、現われました。

   以前のことなど知らない、子供たちが、あの牛乳瓶のフタを

  取りづらそうにしているのを見るたびに

   私は何故か二ヤッと笑ってみている、

   怪しい人になるのでした。

|

«  ○ 月餅 ゲッペイ の 話し、2 | トップページ | ○ 月餅 は どうなる ○ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ○ 変り種 月餅ゲッペイ 3:

«  ○ 月餅 ゲッペイ の 話し、2 | トップページ | ○ 月餅 は どうなる ○ »