« 政権交代 を報じる 中国 | トップページ | 平均月収 の 怪 »

2009年9月 3日 (木)

中国人 の 平均月給

 この話題もよく訊かれるのですが、これがどうしてなかなか・・。

 お尋ねになる方は簡単に「中国の人の平均的サラリーは?」のお気持ちでしょうが、

 これに答えるのがなんと以外に難しいのです。

  一つには、給料に関るさまざまなシステムの違い、毎月会社が支給する或いは

 会社から貰うそのお金の中身がちょっと制度に違いがあり、この辺をお尋ねの方が

 ご存知なのかどうかも分かりません。大体の方はご存知ありません。

   二つ目は、この平均的という、平均を何をもって何処が調べて、これが平均

 と言えるのかが、難しい。実は日本でもこのことは難しいのです。ですが、中国は

 そのお国事情から更に難しいのです。

  それで、こう尋ねられた時に、近くにそうした資料があればそれでお答えできる

 ので、そんな数字もあげてお応えしますが、これがまたこの数字も私の感じでは

 どうも心もとない。

  今年夏に発表された、中国の大学新卒者の所謂初任給、平均、というのが

 麦可思(マイ・ク・スー)というこれは何です一般の経済調査会社でしょうか、

 そこが出した数字があります。 

   09年新卒者の平均月給は、2154元(一元≒15円計算、三万円ちょっと)

 と発表しました。更に地方別でも発表しておりまして、上海2615元、北京

 2526元、広州2359元となってました。

  別に、驚くほどのことはなくて、そう言われればそうなんだ~、くらいの感慨

  しかありませんが、この数字皆さんにこのまま説明して分かってもらえるなら

  それでいいのですが、一ヶ月三万円が暮らしにとってどうなのかは今度は

  その国物価の問題もありますし、これまた難しいです。

   早い話がこの辺の給料の高い低いは、ですから感覚の問題がありまして、

  数字そのものよりも実はそちらの方があってるのですが、その感覚って

  説明が難しいですよね。

   毎年のように中国の月給は上昇を続けております、これはどの国もそうした

  時期があるように、日本だって嘗てはそうでした。どんどん?月給が上がる

  でも暮らしぶりが好くなっているか?はまた別の問題ですし、確かに普段の

  生活のレベルも相当上がってきてますので、単純に多く月給が貰えても、

  それにかかる、或いは暮らしそのものが大きく変化もしてきています。

   逆に考えましょう、先の例のように雇う方の側から見れば、高学歴の若い

  優秀な人には企業がもう少しで3000元くらいのところまで払えるように

  中国経済は今なったと読み解くべきでしょう。当然企業の利益はそれ以上

  なくてはならないので、こうした人を何人も雇って経済が廻るようになって

  きた中国は、その他のよく引き合いに出されるGNPだとか、そんな数字に

  も繁栄しています。

   大卒新卒者の給料が、基準とはなりづらいので、ではもっと一般の人たち

  の収入はどうなってるかは、本当にそれぞれで、上手く平均がつかめません

  また、今度は無作為に例えば給料を訊いたにしても、年齢も違えば職種も

  ちがい、都市部と農村では圧倒的に違いますし、まちまちです。

    日本のでもそういうことは言えますがこの比ではなく、それぞれの差が

  大きいです。

   

    よく、私が訊きやすいのは、中国でタクシーなどの乗った際、車中長いと

  暇ですし、観光で一日雇いなどしますと、かなり打ち解けた話もできます。

  景気の話を軽く振っておいて、ところで収入は?とお尋ねすると案外気楽に

  教えてくれたりもしますが、これもまた、この業種の人たち特有のシステムが

  あって、自分の収入から更に様々会社に逆に実入りからお金を入れたり、

  車のレンタル、維持費などの処理をどうしているかもあって、その人の言う

  数字がイコール収入ではありませんし、この業種の人たちの勤務時間は

  無茶苦茶な人も多いですから、一般にはそうまでしてるのですから少しは

  サラリーマンよりは高めなんでしょう、と言うとことで大雑把に言って日本円

  五万円がこの前の旅行のときのタクシー運転手の目標?でした。

    では、公務員はどうかというと、中国の公務員はいま嵐の中にあって、

  だいぶ落ち着いては着ましたが、何年か前にその人の給与明細書を

  ナマで見せていただく機会もありましたが、これがまた様々な手当てがあって

  日本にはない手当ての数々と、途中で出される臨時の手当ての話なども

  聞くと、この明細書に書かれている数字以上のもを収入と考えないと

  その方の実際貰っている額は、数年前ですが2000元に届いてませんでしたが

  学歴や年齢(30代)地方都市、を考えると本人が言うほどには低いと

  いえるかどうかは分かりません。

   学校の先生達の待遇改善が相当進んで、という話を聞きましたので

  となれば給料にもそうとう反映してるだろうと思ってたら、やはりそうとうな

  上がりようです。でもこれも以前が低かったのを埋めているというレベルの  

  話しに私には思えます。

    長くなりました。ここまでで、どうでしょうお分かりになったでしょうか

  「中国の人の平均的給料」を説明するには、なかなか

   大変だ、というお話です。

   実はこの際ですからもう少しありまして、もしまだ知りたいとお思いでしたら

  明日またこの続きをお読み下さい。

   

|

« 政権交代 を報じる 中国 | トップページ | 平均月収 の 怪 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中国人 の 平均月給:

» 再就職 [再就職]
再就職を希望通りに実現するためには、退職する前の準備を用意周到にしておく必要があります。再就職のために、しなければならないことを紹介するブログです。 [続きを読む]

受信: 2009年9月 3日 (木) 14時12分

« 政権交代 を報じる 中国 | トップページ | 平均月収 の 怪 »