« 逆転の兆候、日中の動き | トップページ | 函館観光の魅力 を 売り込む »

2009年7月23日 (木)

 函館・道南観光を、売り込め  壱

Hakodate 私の住む、函館を含めて、この道南の

地にもっと観光客を呼び込もうと、それぞれの

持ち場で努力されておられる方もたくさん

いらっしゃいます。

  そうした関係部署の方だけに頼らず、

街をあげてもっと、観光都市”はこだて”を

いろいろな場面でアッピールしていただきたい

と思っております。

   函館は早くに、「国際観光都市宣言」もしております。

   ですが、宣言さえしておれば観光のお客様が自然に増えるというものでは

   ありませんので、それなりの努力が必要かと。

    申すまでもなく、観光産業は意外に裾野の広い、上手くい育てばとても

  大きな差異業の一つといえます。

    企業誘致が難しい現状、幸い「函館」は毎回全国の行って見たい街の

  人気ランキングの上位におりますが、国内旅行者もこの経済状況で減少

  傾向にあります。そこで頼りになるのは海外からの観光のお客様。

   海外から、となると、今見えているのは、アジアからのお客様か、スキー客

  のオーストラリアからのお客様が一部地域で見込める。

   この辺までは認識にそう差は無い、共通にもてる現状認識ではないでしょうか。

   さて、それを受けて、どう対処するかですが、

  アジアから、具体的は、韓国・中国・台湾の三カ国ぐらいを思い浮かべていただけ

  ると思いますが、それであるならばこの地域からのお客様への働きかけを

  強くしてゆくのが早道と思います。

   そこで、ここ数日来のお話は、中国大陸からの個人ビザのお話から端を発して

  ますように、そうしたお客様への呼びかけを強くしなくてはいけないと思います。

   数日来何点か画像でもご覧戴いた中国語表記のパンフレットも以前に比べ

  大分出回って参りました。

   ですが、それらの多くは先に何度か指摘しましたが、日本語パンフレットを画像を

  そのまま文を中国語に直したものがその殆どです。

   実は中国での旅行ガイドブックはまだまだ未成熟でして、一般の方が海外への

  旅行を計画した時、現状相談に行った旅行会社の社員の力量に追うところが

  大きくて、自分で調べようと思えば今はなんと言ってもネットです。ですがこのネット

  も中国国内のものであれば、例えば道南を扱ったものなどは少なく概ね大都市の

  案内と大都市を訪れた際の記事が多く、地方のは見つかりません。日本側の

  ホームページでは沢山有るのですが、今度は書かれている言語が日本語ですので

  その問題があって、日本のネットに入ることは出来ても日本語が出来ない限り、

  役立ちません。

    ということで、何が言いたいかというと、

   一つには、我々が今売り込んでいる観光スポットや、美味しいものや、感動体験

  が、日本人にとってはそうであっても、いらっしゃるお客様はもっと違ったものに

  興味があったり、違う場所があるのではないかという点に目を向ける必要がある

  ように思えます。

Si_ji_beihaidao 台湾での出版事情は中国大陸より早くから

 充実してまして、出版点数も多いので

 自分の得たい旅行情報をある程度それに

 そった本が探せます。

  こちらは北海道の各地の四季をとりあげた

 旅行ガイドブックですが、写真もご自分で撮って

 歩く場所、コースも、独特のものがあります。

  やはり日本のガイドブックとは違う点に感心し

  違うもの心動かされているようです。

    それはまあ、当然といてば当然のことですし、個人差もあります。

    ですので、私が言いたいのはこちらが押し付けるだけの観光スッポト

  を売り込むだけでなく、何処かで調査するなり資料を集めるなどして一体

  日本の旅行客と外国からの旅行客の感動の違う場所・点・ものを

  探る必要はありますね。

    それが分かれば売り込み方が分かる。

    ツボを押さえた宣伝活動が可能となります。

      この点が一つ。中国語表記のものがないよりはあった方が勿論ありがたい

  が、その中国語表記のものもきちんと要求にあったものが提供できる体制作り

  にもうそろそろ入らなくてはいけないでしょう。また、同じ作るならそうしたものを

  お作りなるのが、喜ばれるとおもいますので、この点は外せません。

   パンフレットの類も、個々のお店のものがあって、更に共通のもので結構

  ですから、例えばホテルに入ったら業界全体使えるような中国分のものは

Yukata_kikata 個々に設けるのでは全体でご用意なさってはどうで

 しょうか、風呂の入り方や、この図のように浴衣の

 着方などは、ホテルが個々におもちになる必要は

 なく何処でも困ってますし、どこでも同じようなもの

 ですので、こうした部分は費用の面からもその

 方面の団体なり地域が世話をして、地域でもてる

 ものは地域で共通のものをおもちになれば、負担

 も少なくより好いものが出来ると思います。

   こうした簡単な説明、我々にとっては必要すらない説明は必要です、

   それも中国語表記で必要です。

   誰だったか、中国作家が言ってましたが、日本のホテルに入って、

  衛星の設備も無いのは如何か、と言ってた。確かに中国でそこそこのホテルに

  入れば必ず衛星放送が選択できて、日本のニュースが見れて便利。時差が

  1時間ということもあってほぼ日本でニュースを見ているのと同じくらいの感覚

  でその日のニュースを知ることが出来る。

   もっとも私のように中国でも安宿に泊まるとそんね設備はないがこちらは

  最初からそんね期待もしていないので全く構わない。日本へ来るお客様も多分

  同じでクラスから言えば相当立派なホテルなのに、何で無いの?という疑問は

  分かるような気がする。

    格に見合ったサービスは必要なので、その点は考慮された方がいいでしょう。

   長くなった、もう少し更に細かい提案などを明日させて頂こうと思ってます。

  明天見!!

|

« 逆転の兆候、日中の動き | トップページ | 函館観光の魅力 を 売り込む »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です:  函館・道南観光を、売り込め  壱:

» 韓国語のことなら [韓国語のことなら]
韓国語のことを掲載しました [続きを読む]

受信: 2009年7月24日 (金) 23時47分

» 夏休みの国内格安航空券、格安ツアー [国内格安航空券【T]
夏休みの国内格安航空券、格安ツアー 航空会社の割引のない連休やお盆の時期も格安で購入できます。 JAL・ANAのチケットレス航空券なら前日、当日のご予約、空港での受取りもできます。 [続きを読む]

受信: 2009年7月27日 (月) 15時46分

» 円安 効果 [円安 効果]
円安 効果 [続きを読む]

受信: 2009年8月 9日 (日) 06時06分

« 逆転の兆候、日中の動き | トップページ | 函館観光の魅力 を 売り込む »