« 住まいと文化の関係、変わる中国の居住空間 | トップページ | 中国人・訪日個人旅行第1陣 が 日本に到着 »

2009年7月13日 (月)

函館は大荒れの天候です、お盆なのに。

    函館は今日は朝から大荒れの天候です。

  明け方から凄い勢いで雨が降ってました。今は雨は弱くなったものの

  こんどは強風です、木々を揺する強い風が吹いて、傘をさせません。

    実は函館は一ヶ月早く今日お盆を迎えます。

  墓参りに出かけようとしてしている人もこれでは、ちょっと出たくなくなりますね。

    これからどうなるのか分かりませんが、今のところは大変な天候です。

   函館は色々他と違った風習があるところで、先日の七夕も函館はかなり

  変わっていて面白いです。

   七夕の夜、子供たちが家々を練り歩き、「♪竹に短冊、七夕祭り・・・」

  から始まる唄を歌っては家々の玄関口でお菓子を貰って帰る、という

  変わったもので、これはもともとは「♪ローソク一本頂戴な♪♪」と歌うんですが、

  以前は本当にローソクをくれていたのが、今ではどこの家も仏壇もありませんし

  ローソクを貰っても仕様が無いので、ローソクの替りがお菓子になって定着、

  子供たちは手に手にお菓子いっぱいの袋を手にしています。

   以前は提灯を持って練り歩いていたものが、子供たちには危険すぎる

  ということで、今では貰ったあとのお菓子をいれる袋を事前に準備してます。

    函館市内だけが七月にお盆でして、このすぐ隣の街は八月のお盆です。

 で、家族が函館の街中の人と、この近郊の人だと、どうしても七月・八月と

 2回お盆をすることになります。

  でも、今日のお墓参りは大変だなぁ。

  まだ、大荒れです。

  昨日の都議選で、政局も大荒れのようですが、それくらい荒れてます。

   こうした七夕や、お盆の習慣を留学生に説明するのは骨が折れます。

  なにせ、それに近い対応するものは中国にもあるのですが、日本の若者も

  そうなようにだんだん若者はこうしたものに関心をしませんし、興味がないと

  それが何かを考えることもないようですし、多分気づかずに過ぎてしまう人も

  少なくないと思います。

    先日の、函館日中友好協会の、野外交流活動が、

  日を置いてまた新聞紙上で紹介されました。

Xigua_zainare 「スイカはどこ」

 と題して

 先日の

 四季の杜公園

 での留学生との

 交流の様子です。

  「北海道新聞みなみ風」より

  この留学生たちも、留学期間を終え間も無く函館を離れます。

  残念ですね。でも、こうした活動や函館触れ合った人たちをお国に

  帰っても時折は思い出してくれれば嬉しいです。

Huodong_1 留学生は何故か、このように女性が圧倒的に

 多いですね。

 この日も男性の留学生は二人だけ、あとは

  全員女性の留学生でした。

  日を置いて掲載されました新聞記事を見て、また楽しかった日を思い出し

  ました。

    ありがとうございます。

   さて、こんな大荒れの天候ですが、きょうは中国語の教室はそのまま

  ありますので、受講生の皆さん、どうぞよろしく。

   そして、すでにお知らせしておりますが、来週月曜は祝日ですが、来週の

  教室も普段通りありますので、お忘れなく。

    すこし治まってくれるといいですね。

    同学イ門!晩上見!!

|

« 住まいと文化の関係、変わる中国の居住空間 | トップページ | 中国人・訪日個人旅行第1陣 が 日本に到着 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 函館は大荒れの天候です、お盆なのに。:

» 韓国留学 準備 [韓国留学 準備]
韓国留学 準備についての情報です。 [続きを読む]

受信: 2009年7月15日 (水) 21時08分

« 住まいと文化の関係、変わる中国の居住空間 | トップページ | 中国人・訪日個人旅行第1陣 が 日本に到着 »