« 中国・四川・汶川地震の教訓 | トップページ | 北海道日中友好協会、「懇親の夕べ」5月2日 »

2009年5月14日 (木)

北海道日中友好協会 第41回 定期総会 報告

2006nen6_002  遅くなりましたが、

 先日、5月2日に札幌・かでる2・7

 に於いて、

 第41回北海道日中友好協会定期総会

 が開催されました。

  議案は、「日本と中国」北海道版、4月25日号で会員各位には

 お手元に郵送されていると思います。

  結論を先に申し上げますと、全ての議案はとどこおりなく、

 承認され、昨08年の活動報告と、この一年の活動案が採択されました。

  まぁ、大体この手の議案は、そうそう特別な意見が付託されることも無く

 提起されて議案のまま「異議なし」で通ることにはなっていますし、

 日中活動に今取り立てて特別新しい何かが提案されるということもありません

 ので、踏襲された運動の中での、問題点の提起と改善が、大まかな議題と

 なっているのは、いま、全国どこの組織もそうでしょうし、日中の運動に限らず

 様々なこうした友好・親ぼく団体の活動はそうした時期にあると、思います。

2006nen6_001 具体的な報告は、皆さんと顔を合わせて時にでも

 改めて、会員の皆さんには、させていただくこととして、

 ここからは私の感想です。

 当日、北海道各地から札幌のこの会議に馳せ参じて

 いた代議員のみんさんも多分そう違わない感想をおもちと思いますが、

 会議の持ちようが、定期総会ですので議案の審議にあることを承知の上で

 話しますが、議案が刷り物で手元に来て、目を通して、恐らくそう何方も問題ない

 とお感じになって、会議に臨んで居られると思います。

  そんな中での、議案の提起(読み上げ)説明、にどうしても又一定程度の時間が

 割かれます。議案には問題が無いのであれば、その要所の説明は必要でしょうが

 そこをもう少し早めに切り上げて、どうでしょう、折角全道各地からなかなか

 一堂に会する機会のない地区の、それぞれの活動を、一言でもいいから、発表

 していただいて、それは議案とは別の、道日中の活動とは直接ではありませんが、

 そうした地方の活動の集まり集大成が、道の活動の細かい部分を担っているのです

 から、そうした、議案とは別に、定期総会の場をかりての道本部の説明の外に

 各地に報告が聞ける場として、その時間をおもちになっては如何でしょうか。

  とりわけ、北海道は、本州の各県の数倍の広さを擁していますので、

  普段本当に離れた地区の皆さんの活動が伝わりにくいし、印刷物や、

  函館日中がやっているこのようなブログやホームページを使った情報の発信

  などにもこれからは向かった行くべきですし、行くでしょう、

   ですが、何と言っても折角集まる機会があったなら、それは

   その機会を最大限に生かすべきでしょうから、

   それが、総会の場が相応しいのか、その後の懇親場のでの

   交流の中でするのが相応しいのかは分かりませんが、

   ただ会議が開かれて「異議なし」で終わるのではとても惜しい

   気が致します。

   会議の持ちかたの提案がどういうところで、なされるべきなのかも

   分かりませんが、感想と言うことで、希望を述べさせていただき、

   どこかでそういう提案が出来るのでしたらなら、させていただきますし、

   これをご覧になった、全道のみんさんが賛同していただけるなら、

   そう難しいことではございませんので、

   すぐに実行していただけるのでは・・・と楽観しております。

  第41回北海道日中友好協会定期総会、の報告と感想です。

   会議に参加の全道からの代議員みんさん、

   道日中の担当の皆さん、議長を勤められた浦河日中の小林さん

   みなさん、ご苦労様でした!!

                         函館日中友好協会

 

|

« 中国・四川・汶川地震の教訓 | トップページ | 北海道日中友好協会、「懇親の夕べ」5月2日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北海道日中友好協会 第41回 定期総会 報告:

« 中国・四川・汶川地震の教訓 | トップページ | 北海道日中友好協会、「懇親の夕べ」5月2日 »