« 中国の鉄道 -- 中国的鉄路 | トップページ | 五稜郭公園的櫻花已経謝了、歓迎再来函館!! »

2009年5月 7日 (木)

協会会員・畑野さんタイから一時帰国

Ee76554dc24016841 連休も終わりました。みなさんの連休は如何でしたか?

 出かける人もいれば、いらっしゃるお客様もいて、

 協会・会員で、現在タイ(泰国)へ日本語教育に出向いている

 畑野さんが、お休みをとって一時国され、わざわざ寄って

 いただきました。タイお土産までいただきました。ありがとうございます。

  残念ながら、いらしていただいたその日、時間が余り取れずに短い時間の

  オシャベリでしたが、楽しいお話をたくさんお聞きできました。

  タイもどうしてなかなか面白そうな国です。機会があれば行って見たいですね。

  それで、タイの学校での日本語教育の話に興味がありましたので、いろいろ

  訊いてみました。それが驚きの面白さでした。今度『隗報』に投稿してくれると

  いいのですが、

   まず、日本語教育とは関係ないですが、小さいな子ども達、中学生くらいに

  なると明らかに男の子なのに女の子になりたい子が、いるらしいです。

  逆もあるらしいのですが、それが、隠すでもなく、本人も家族も周りも

  ナントそれを認めちゃってるらしいのです。学校でもそんなにそのこと事態が

  問題になることもなく受け入れるらしく、数も珍しくもないくらいの割でいると

  言ってましたよ。え~そんな教え子がいるとちょっと、どうなの。

  それと教育の場としての学校の秩序というか、その辺どう処理してるんでしょうね。

  

   タイでの日本語学習の場の普及率はまだまだらしいです。圧倒的に外国語

  学習は英語。それはどの国も似たり寄ったりですから、日本語の発音は受入

  られ易いのに、平仮名や漢字交じりの文が難しいらしいです。

   でも、私の感じでは、タイ語のあのどっちに曲がってるのか判読しかねるような

  あのクネクネ字の方がずっとむずかしいですけど・・・・。

   更に試験をやらせると、カンニングが盛ん?であっちでもこっちでも、見せたり

  見せられたりの助け合いが多いらしく、学校側も頭を悩まし、監督官を複数配置

  したりの方策をとっても、へっちゃらで続けてると言ってましたよ。

   それは、良い点を取るためのそれではなく、落第しない為のそれらしいのですが、

  そうは言ってもこちらも教育機関としての学校として、いち外国人教員に任せる

  ような問題じゃないでしょ。

   などなど、現地タイでのもっぱら日本語教育関係の話に終始しましたが、

  タイそのものの食べ物や、街の話までは時間がなくてできませんでした、

  とても残念です。

   またこのあと、すぐにタイに戻るとおっしゃってましたので、今頃はもう

  タイでお仕事をされていると思います。

    畑野さん、わざわざありがとうございました。

|

« 中国の鉄道 -- 中国的鉄路 | トップページ | 五稜郭公園的櫻花已経謝了、歓迎再来函館!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 協会会員・畑野さんタイから一時帰国:

« 中国の鉄道 -- 中国的鉄路 | トップページ | 五稜郭公園的櫻花已経謝了、歓迎再来函館!! »