« 五稜郭公園的櫻花已経謝了、歓迎再来函館!! | トップページ | 第2日曜日(10日)午後は、FMいるかで中国話を »

2009年5月 9日 (土)

日中青少年友好交流年、交流活動を振り返る

21_sheji 書棚を整理していたら、古い本だが、

この本が目にとまり、手にとって眺めてるうちに

自分の本当に探している本の事を忘れて読み入って

しまった。

この本は、1984年の記録でして、今から25年前の

 人民中国雑誌社が出している、つまり中国側で出された本ですが、

 記録は日本語でされています。日本側に向けて出版されたものです。

  題が「21世紀」とありますから、この頃から既に21世紀を視野に入れ

 日中間の青少年の交流の大切さを認識していた現われといえます。

  記録は、1984年の秋、3000人の日本の青年が中国を訪問し、

 中国の青年と10日間にわたって友好交流の活動が写真をふんだんに

 使って紹介されています。

  写真で目に付くのは、当り前ですが中国側の移っている人たちの

 服装が大きく変わりました、また、表情もやはり変化があるように思え

 ます。中国側のカメラマンが上手なのか、その集まりの演出が上手なのか

 非常に好い表情をした写真が何枚もあります。

  代表して幾人方の日中双方の感想などが文章でありますが、

  日中文化交流協会青年代表団 として、作家 立松 和平 さんの

  中国側では 北京市東風日用品商店  鄧  樺 さんの

  文章などが載せられています。

  そして、20数年の時を経て「日中青少年友好交流年」と位置づけられた

  08年の行事を振り返ると、

   3月に 日本青少年訪中団、1000人が訪中。

   4月に中国高校生訪日団第1陣、196人が訪日。

   5月に中国青少年代表団第1陣、205人が訪日。

   5月 中国高校生訪日団第2陣、399ン民が訪日

   6月 日本高校生訪中団第1陣 100人訪中

   6月 中国高校生訪日団第3陣 247人訪日

   6月 中国高校生訪日団第4陣 250人訪日

  7月 香港、アモイ高校生訪日団 52人訪日

  7月 中国青年代表団第2陣 327人訪日

  10月 日本高校生訪中団第2陣 100人

  10月 中国高校生訪日団第5陣 400人

  ・・・・・ と書ききれませんが、続いていきました。

   私の住む函館にもその訪日団の一つが北海道を訪れ、函館の地で

   ホームスティなどをし、交流をしておりました。

    全体の流れが相互訪問交流にあることはわかるのですが、

  どんなんでしょう、こうした相互の訪問を記録したものがあるのかどうか、

  20数年前の中国人民雑誌社のように1冊の本に纏めるのは難しいかも

  しれませんが、時代も変わりましたらから、どこかが中心となってこの

  貴重な記録を1枚のDVDか何かにしていただいて、交流に直接参加できなか

  った者にも見れる形で残してもらいたいものです。

|

« 五稜郭公園的櫻花已経謝了、歓迎再来函館!! | トップページ | 第2日曜日(10日)午後は、FMいるかで中国話を »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日中青少年友好交流年、交流活動を振り返る:

« 五稜郭公園的櫻花已経謝了、歓迎再来函館!! | トップページ | 第2日曜日(10日)午後は、FMいるかで中国話を »