« 中国へ売り込め!北海道ー映画「非誠勿擾」が牽引 | トップページ | 映画『非誠勿擾」鑑賞、今日の中国語教室 »

2009年3月21日 (土)

中国人観光客のおもてなしーー北海道観光の未来

Tyuugoku_kannkou_2 今日の話も実は昨日の話題、

 中国映画「非誠勿擾」

 フェイ・チェン・ウー・ラォ

 の話の続きなんですが、この中国題はどういう意味ですか?と訊かれた。

 これちょっと訳しづらいのですが、

  「誠に非ずは、からかう勿れ」と言ってますから、

 私の訳ですと「本気じゃないならよして!」とでも訳しますか、

  さて、この映画について何度か書いて、中国への北海道(道東)の人気が

 高まってきている。

  そうなれば、今度はその受入の準備は如何なものか?と見てみると

 これがお寒い限り。

  散々宣伝しといて来い来いと嗾けて、来てみて見たら、なんだよ

 サービスが・・・ってことになると、これは逆宣伝効果になっちゃいますよ。

  それで、画像の本を発見。

  『中国人観光客おもてなしの鉄則』絶対はずせない40ポイント

 を見ました。

  中身はどうも私にとっては目新しいこともなく、

  これって宿泊時のホテルのシーンが多いですが、そうじゃなくて、

 勿論ホテルも大切ですよ。大切ですが、皆さんの旅行も考えていただくと

 わかりますが、ツアーで歩く人たちの一日は、朝早くにホテルを出て夜遅く

 ホテルへ戻る、そんな日程が多いですから案外ホテルにいる時間は旅行の

 なかで占める時間は少ないんですね。

  ですが、旅行というと大抵はホテルがすぐに思い浮かぶらしくて、

  ホテル重点にかかれています。

  もっと、こう街というか地域での受入や、関連のお店や、

  観光施設ですね、バスとか遊ぶ場所の整備とか、街の看板とか

  行く先々にパンフとか、そんなんのが書かれているのかと思ったら、

  どうもこの本ではそうした店が不足。

   数十年前、あの敗戦のすぐあと、昨日まで鬼畜米英と言っていた

  その人たちが、敗戦のすぐ後に、英語会話集とか英単語辞典などが

  跳ぶように売れて黙っていても、英語だ!

  となった、日本人のあの逞しさはもうないのでようか?

   機を見るに敏、といいますか、無節操といいますか、

   そんなバイタリティーが日本人から無くなって久しい。

|

« 中国へ売り込め!北海道ー映画「非誠勿擾」が牽引 | トップページ | 映画『非誠勿擾」鑑賞、今日の中国語教室 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中国人観光客のおもてなしーー北海道観光の未来:

» 英語という一生の財産を掴み取るチャンス [英検1級合格者が教える英検対策/最速で上達する英語勉強法[7日間超速英語脳育成プログラム]]
最後までお読み頂きまして、誠に有難うございます。  時間は何もしなくても勝手に過ぎて行きます。これは、全世界、そして全ての人間に対して共通です。  但し、何もせずに迎える明日と、たった1日でもチャンスをつかんで迎える明日、更にその先の将来は  間違いなく大�... [続きを読む]

受信: 2009年3月22日 (日) 19時58分

« 中国へ売り込め!北海道ー映画「非誠勿擾」が牽引 | トップページ | 映画『非誠勿擾」鑑賞、今日の中国語教室 »