« 函館・地域をつなぐ地球市民セミナー・フォーラムの ご案内 | トップページ | 女装したがる男性達 『楊貴妃になりたかった男たち』-今週読んだ本 »

2009年2月13日 (金)

中国 ・ 大学生の就職難

 昨日、近く帰国する留学生と、数人の日本人が集まって話をしていて、

 この留学生は帰国後、就職活動をするわけですが、話題がそこへ。

  それで、先日確か新聞紙上でも見たのですが、この世界的経済状況

 の中で中国も例外ではなく、景気が落ち込んでます。となると、就職活動

 にも大きくその影がさしている、のでは・・・の話題。

  先ごろ北京や大都市で行われた、就職説明会は求職者が大挙して

 訪れ、大盛況?だったようです。

  で、就職難が叫ばれています、とりわけ大卒者の就職が厳しいと、

 一応その数なんかも上がってるんですが、ちょっと正確に覚えてないので

 あれなんですが、

   いつも思うのはこの発表の数ですが、

   確かにその数百万もの数があがると、そりゃ大変だ、となりますが、

 この、数そのものもちょっと・・・

  先ず、中国はここ数年で大学生の数が急激に増えてまして、それは、大学が

 増えたのもありますが、各大学の定員数も増やしてます

  多分、ここ数年で数倍くらいの勢いで増やしていると思います。

  大学生全体の数は、何時の記録か忘れましたが、そう遠くない時期に

 私が覚えたのは2000万人にちょっと足りない数と記憶しています。

  大学の数は短大みないのも含めて2000ぐらいだったと記憶。

  それで、まぁ余り具体的でないので申し訳ないですが、ごく大雑把に言って

 毎年、だいたい千数百万人の大学卒業生が、社会へ出てくる社会に中国は

 急激にそうなったんですね、

  で、社会の受け入れる体勢は、まだまだ、整備が遅れまして、単純労働ですと

 大学卒業までの学歴は必要ありませんし、逆にそれが邪魔ということもあります、

 どの時代もそうなんでしょうが、大学で専門的知識を学びそれをそのまま

 社会のそうした専門の分野で仕事に活かせる、なんてひとはホンの一握りなのは

 別に景気に関係なく、それはそれであるのでしょうが、

  多くは、大学を出てそれなりにそれと関係した或いは、その方面?を目指す

 ことにはなるのでしょう。

  中国の大学はその点では日本より、大学教育そのものがかなり専門性が

 高く分野別にそれなりに専門の色彩が濃いといえます。

  これは、ある意味その強みがあるものの、そこで生かされないと今度はちょっと

 それが原因で使いづらいという欠点をも兼ね備えています。

  それで、わたしが昨日そんな話をしていて、ここで言いたいのは、

  中国の今の就職難を見る時にですね、確かにその景気不景気の問題も

  あるんですが、中国のちょっと特殊な事情もありまして、一概に日本の感覚で

  そのまま中国も不景気だ大変だ、というのはちょっと?

  そりゃぁ、景気がよければ、こうした話題ものぼらないのでしょうが、

  中国事情が分からなければ仕方ないですが、どうしても、そのまま日本の

 実情と比較して、その日本の大学卒業生が同じように困ってる情況がそのまま

 中国に当てはめそうですが、そこはちょっと違う点もあるということを、

 知っておいていただくと、次にこうしたニュースを見るときの眼が違って

 くると思うんですね。

  そんなことを昨日は考えさせられました。

|

« 函館・地域をつなぐ地球市民セミナー・フォーラムの ご案内 | トップページ | 女装したがる男性達 『楊貴妃になりたかった男たち』-今週読んだ本 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中国 ・ 大学生の就職難:

« 函館・地域をつなぐ地球市民セミナー・フォーラムの ご案内 | トップページ | 女装したがる男性達 『楊貴妃になりたかった男たち』-今週読んだ本 »