« 函館棒二森屋デパートで、中国・銀聯カードの扱い開始 | トップページ | 帰省ラッシュ 春運ツゥン・ユン 何故に日本人・中国人は帰省するのか »

2009年1月17日 (土)

『1945年満州進軍 日ソ戦と毛沢東の戦略』 最近読んだ本

Mammshuusinngunn  唐突にこんな本で、何の脈略もないのですが、

 以前にこの本一度読んでまして、面白かったな、と

 思ってました。

  時間があったので、読み返してみました。

  なかなかこの近代史というやつは微妙でして、そろそろ

 ここへ来ていろんな当時の機密文書なんかも発表されたりですね、

 証人が人生をとじるに当たって書き残したり、言い残したりもあったりして、

 これまで言われていたその史実とは案外違うんだ!

  或いは、アレってこんな理由だったのか!なんてなのが分かったりして

 面白いんですね。

  この本も題名が硬いですから、とっつきにくそうですが、どうして中身は

 面白い、というそんな一冊です。

  要するに、中国の側からみてあの終戦間際のソ連軍の行動は、

  どうなのよ、という話なんですが、

  ソ連崩壊の後、中国国内での1945年当時のソ連軍の動きを

 今一度捉えなおそうとの動きがあり、研究してるその一人が著者

 ですが、どんな事柄も一方から見ていては偏りますし、

  とりわけこうして三国が絡んだような時代には、それぞれの

 主張とそれぞれの評価があって、分かれるのは当然で、その分かれる

 拠り所としてしている、史実もこうして紐解かれると面白いものです。

  

  こうした史実を見たり学んだりしてですね、

  なんと戦争は愚かなものよ、と思えないのでしょうかね、

  未だ、地球上から戦争が無くならないのは、なんとも遣り切れない

 気持ちです。

|

« 函館棒二森屋デパートで、中国・銀聯カードの扱い開始 | トップページ | 帰省ラッシュ 春運ツゥン・ユン 何故に日本人・中国人は帰省するのか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/90348/27218823

この記事へのトラックバック一覧です: 『1945年満州進軍 日ソ戦と毛沢東の戦略』 最近読んだ本:

» 【中国情報局】今日のブログ:毛沢東の「日本に感謝」の真意とは?[01/14] [【究極の宗教】Physical Mankindism【PM】 by Humitaka Holii (堀井文隆)]
http://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1231904100/ [続きを読む]

受信: 2009年1月18日 (日) 22時25分

« 函館棒二森屋デパートで、中国・銀聯カードの扱い開始 | トップページ | 帰省ラッシュ 春運ツゥン・ユン 何故に日本人・中国人は帰省するのか »