« 『1945年満州進軍 日ソ戦と毛沢東の戦略』 最近読んだ本 | トップページ | コンサート記念写真アルバム、出来上がり。 »

2009年1月18日 (日)

帰省ラッシュ 春運ツゥン・ユン 何故に日本人・中国人は帰省するのか

 いよいよ春節までのあと一週間、中国は帰省ラッシュに入りました、

 前も少しお話しましたが、これ大変なんですね、なんせ人数が人数。

 で、列車も航空会社も特別体制にはいります。春節ようの運送体制

 なので、春運ツゥン・ユンといいます。

  これも規模はもう企業がどうこうと言うよりも、列車もまだ国営ですので

 国がらみの大事です。

 

  宿題がありました。なんで、アジアの諸国の人達は、休みとなると

 実家へこぞって帰らならんか、という問題です。

  中国・韓国・日本と言われましたが、韓国は私は詳しくありませんので

 中国・日本の二国ですが、

  日本の場合は、どうもいろいろな方のご意見も伺って

  江戸時代からの奉公のかたちですね、年にわずか盆と正月が休みで

 その休みも、そうそ遊ぶところとてない当時のことです、まさかスキー

 に出かけるわけでもなく、変えれる範囲の人達は、家へ帰ろう

 と思うわけですね、明治以降は交通機関が発達して一層それに

 拍車がかかった。

  盆暮れに実家にかえることがレジャーだった、説ですね。

  中国もながいこと、休みをとるというのが纏まったやすみが少なかった

 ですね、近代はその国家が仕事を配分するという時代のせいもあって

 家族が離れ離れが多くて、たまの休みさらに、

  両国ともですね、家族制度が夫婦単位のヨーロッパ社会と違って

 家長を筆頭にした、縦の一家制度がアジアが多いので

  そのせいもありそうです。

  で、家族揃ってその新しい年を迎える、

  というのが年間行事?として組み込まれているのでは??

  今のところの結論はこの辺にあります、

  いや、違う!と言う方がおられたら、教えて下さい。

  というわけで、中国では今日も凄い数の人が移動しとるわけです。

|

« 『1945年満州進軍 日ソ戦と毛沢東の戦略』 最近読んだ本 | トップページ | コンサート記念写真アルバム、出来上がり。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 帰省ラッシュ 春運ツゥン・ユン 何故に日本人・中国人は帰省するのか:

« 『1945年満州進軍 日ソ戦と毛沢東の戦略』 最近読んだ本 | トップページ | コンサート記念写真アルバム、出来上がり。 »