« お待たせしました! 12月号 ウェブ版 私の見た中国 今月号遅くなりました。 | トップページ | 『中国民族楽器・悠久の調べ』12月8日函館芸術ホール、コンサートのDVDできました。 »

2008年12月17日 (水)

瀋陽音楽学院民族楽器小組、函館滞在の一週間を振り返って。回顧在函館逗留一周的交流

 おそらく誰にも忘れれない日や時間があり、いつまでも想い出に残り忘れられない

 そんな日が一生のうちに何日かあると思います。

  瀋陽音楽学院の彼女たちが函館に滞在したこの一週間は私にとってそんな

 いつまでも忘れられない日になりそうです。

  彼女らが私にくれたものは、それはそれは大きく、おそらくいつまでもいつまでも

 私の心の中に消えずに残り、大切なものとなりそうです。

  それは、物ではなく、そしてお金では買えない、私の心の中だけにあるそんな

 形にならないものです。どんなに言葉を尽くして御礼を言ってもまだどこか足りない

 そんな、言い表すには難しい素晴らしいものを残して行ってくれました。

  こちらから、どんなに御礼を行っても言い尽くせない、そんな感情をどう彼女らと

 劉先生に伝えればいいのでしょうか。

  函館を離れる前の日、身内だけが劉先生の部屋に集まり、無駄話をしていたのに、

 劉先生は浴衣姿のままご自身の琵琶を持ち出し、旅館の椅子にかけたそのままの

 姿で一曲その場で弾いて下さいました。あれが多分私たちに対する劉先生の心から

 の御礼の一曲だったと思います。

  すぐ目の前で、劉先生が心を込めて弾いてくださったその曲は、劉先生のコトバに

 ならない、心の底からの私たちにたちに対する御礼の一曲でした。

  音楽家はいいなぁ、と思いました。

  そんな劉先生はお戻りになり、メールで丁寧な御礼の文を寄せて下さいました。

  これは、私だけではなくきっと函館でお世話になった全てのみなさんへの御礼と

  思いますので、私信ですが、此処に訳文と共に掲載させていただきます。

  (原文)                        (訳文)

  Nin好!我イ門已経平安回国、             私達5人は14日夜8時半無事

  12月14日晩20:30到機場、很順利、請放心。  瀋陽に戻りました。ご安心下さい。

  這次幾位老師受Nin邀請去函館演出、        この度はお招きを受け函館の地

  得到Niイ門的熱情接待、                で演奏でき、親切な接待を受け

  同時也給Niイ門添了很多麻煩、            ました。ここに感謝を申しあげま

  再次表示感謝和謙意。                  す。お世話になりました。

  在函館的一周雖然日程緊張了一些、        函館の一週間は忙しくはありまし

  但我イ門感覚毎天過的很愉快            が、毎日楽しくとても有意義な日を

  也很有意義。                      過ごせました。

  去了那公多地方、譲我イ門感覚到         沢山の場所を訪問し、函館市民の

  函館人的熱情也譲我イ門了解了          親切さと、いろいろ日本の事を学ぶ

  許多日本的生活情況。                ことができました。

  如果這次我イ門的演奏受到函館人民的     もし、今回我々の演奏が函館市民に

  喜愛、就説明我イ門這次活動是成功      愛されるなら、今回の演奏が成功に

  而有意義的。                   終わり意義有るものだったと思います。

  我代表其他幾位老師、再次対Nin表示    5人を代表し、此処にあらためて心より

  深深的謝意、                    の御礼を申し上げます。

  代我問候函館期間対我イ門熱情接待的   どうぞ、函館滞在中にお世話になった

  其他所有朋友。                   皆々様によろしくお伝え下さい。

    瀋陽音楽学院  劉   剛             瀋陽音楽学院  劉  剛

  御礼を言いたいのはこちらの方ですよ、劉先生。

  本当にありがとう、そして、いつまでも忘れません。

Shizhengfu 12月9日、

 函館市役所・市議会議場で

 議長席にちゃっかり坐って

 議長気取りの劉先生と、

 議員気取りの4人の先生が

 議員になったつもりで

 「議長!」と手を挙げて、

 遊んでいる様子。

 この5人の居るところいつも

 笑いが絶えない、そんなひとコマです。

  毎日毎日楽しい愉快な人たちでした。

 (彼女らの手の挙げ方が日本式とちょっと違うのに注目して下さい、

  肘から上を曲げて、そこだけ挙げます。日本のように肩から上に

  真っ直ぐとはなりません。)

|

« お待たせしました! 12月号 ウェブ版 私の見た中国 今月号遅くなりました。 | トップページ | 『中国民族楽器・悠久の調べ』12月8日函館芸術ホール、コンサートのDVDできました。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 瀋陽音楽学院民族楽器小組、函館滞在の一週間を振り返って。回顧在函館逗留一周的交流:

« お待たせしました! 12月号 ウェブ版 私の見た中国 今月号遅くなりました。 | トップページ | 『中国民族楽器・悠久の調べ』12月8日函館芸術ホール、コンサートのDVDできました。 »