« 訪問5日目 瀋陽音楽学院民族楽器小組  砂原町へ | トップページ | 瀋陽音楽学院民族楽器小組 無事帰国の途に »

2008年12月13日 (土)

訪問6日目  全ての予定されていた交流活動を無事終えました。

 昨日、12日函館山山頂レストランでのパーティーで、予定されていた

 全ての交流活動を無事終えられました。

  瀋陽民族音楽小組は今日は、帰国前の休息日です。

  昨日のお話の続きをほんの少しだけ続けさせていただきます。

2006nen6_001劉先生をはじめこの団(5人)が函館へ

来てくださるのが決まって、その期間が一週間

となったとき、私が一番最初に考えたのは

この機会に是非できるだけ広範な人たちにこの

 中国民族楽器の音色を聴かせたいという思いでした。

  ですので、まず、考えたことはいらっしゃる皆さんには少し忙しいですが

  基本的に毎日何処かしらかと交流していただくということです。

  そして、その交流はやはりどうしても楽器の演奏が交流の基本となります

 ので、毎日の演奏活動が続きます。

   それは、正式の演奏活動とはまた違い、交流活動としての演奏ですので

  ひとつひとつの訪問先が必ずしも演奏家達の満足のゆく条件下での演奏

  とはなりません。そのことは先にお願いしました。

    それを劉先生にご承諾いただき、毎日の訪問先を今度は函館の地で

  探すのですが、これも意外に、まだ中国民族楽器が認知されてませんので、

  当初は大変でした。こちらからお願いしてもあまり乗り気になって貰えず、

  断わられたところもあります。

   それで、その考えの基本の一つが、各年代に万遍なく聴いていただく、

 というのがあります。

   私が考えたのは、幼稚園→小学校→中学学校→高校→大学→大人の集まり

   と年代を分けて配分し、うち今回は、幼稚園と高校を訪問できました。

   残念ながら、時間の関係で他のところはちょっと訪問できませんでしたが

   その代り、お話をいただいて、特別老人養護施設のような、ご老人を対象に

   訪問することができました。昨日、2箇所そうしたところを訪問できましたが

   とてもよかったです。演奏家の皆さんも大満足。

    そして、昨日の話の、函館へ来ていただいたのですから、この周辺地区へも

   この機会を利用して交流を是非してもらいたかった、という思いから

   今回のスケジュールとなりました。

   多くの関係機関のみんさん、ほんとうにお世話になりました、

   ありがとうございました。

                        函館日中友好協会

|

« 訪問5日目 瀋陽音楽学院民族楽器小組  砂原町へ | トップページ | 瀋陽音楽学院民族楽器小組 無事帰国の途に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 訪問6日目  全ての予定されていた交流活動を無事終えました。:

» 函館GO!GO! [函館]
昨日、本屋に行ったらつい目にとまって見てしまいました函館関連本。結局立ち読みで... [続きを読む]

受信: 2008年12月13日 (土) 08時24分

« 訪問5日目 瀋陽音楽学院民族楽器小組  砂原町へ | トップページ | 瀋陽音楽学院民族楽器小組 無事帰国の途に »