« 訪問6日目  全ての予定されていた交流活動を無事終えました。 | トップページ | コンサートへの絶賛のことば、ありがとうございます。 »

2008年12月15日 (月)

瀋陽音楽学院民族楽器小組 無事帰国の途に

 一週間函館に滞在しておりました、瀋陽音楽学院民族楽器小組の

5人のお客様は、昨日函館空港より、大韓航空機で一旦韓国へで、

そのごそのまま機を乗り換えて、昨日のうちに、中国瀋陽へ無事お帰り

になりました。

  みなさん、ありがとうございました。

  いらっしゃる前は、向うの方も函館という街を全くといっていいほど

 知りませんでしたし、こちらも、特別瀋陽を詳しく知っているわけでも

 ありませんでしたが、やはり一週間のお付き合いを通して、

  互いの理解はそうとうお会いする前よりも深まったと思います。

  あっと言う間の一週間でした。

  そして、毎日がとても楽しく、充実しておりました。

  彼女らの印象も、函館市民の親切さや交流の場での熱意を

  十分に感じられての帰国となりました。

   この交流事業は、とても変わった幾つかの特徴をもっております。

  こうした、交流が全く民間の力で開かれ維持されたこと、

  この交流が、同じ街に一週間滞在し交流されたこと、

  この交流がほぼ、ボランティアの力で維持されたこと、

  この交流が各年代を通して、行われたこと、

  この交流が地域を意識しての交流であったこと、

  などなど、いわゆる訪問団でいらっしゃって、どうしても

 様々な条件から、表面を見て忙しく帰る訪問の形態を一応

 打ち破る新しい試みをいくつか来る前から、計画の中に忍ばせて

 おりましたが、それらの全てに彼女らもそして、函館市民も応えて

 下さいました。

   そのことが何より嬉しい成果でした。

   ありがとうございました。

   またの機会がもしありましたら、どうぞよろしくお願い致します。

   これから、順次お世話になったみなさまへのご挨拶に参ります。

  おそくなりますこが、どうぞ、こちらも悪しからず。

      2008年12月15日

                   函館日中友好協会

|

« 訪問6日目  全ての予定されていた交流活動を無事終えました。 | トップページ | コンサートへの絶賛のことば、ありがとうございます。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 瀋陽音楽学院民族楽器小組 無事帰国の途に:

« 訪問6日目  全ての予定されていた交流活動を無事終えました。 | トップページ | コンサートへの絶賛のことば、ありがとうございます。 »