« 揚琴 の  魅力 | トップページ | 中国音楽の魅力、 民族楽器の魅力、 コンサートへのお誘い »

2008年11月21日 (金)

古筝 の 魅力

 今日で楽器の紹介が最後になります、今回のコンサート4種類の楽器が聴けます。

 その4番目。古筝、中国語では、グー・ヂェン と呼びます。

  日本語読みでは こそう と読みます。

  筝の楽器、日本では 琴 と呼ばれてます。もちろん中国からの伝来でしょう。

  筝 ヂェンの発音の音が、チン=琴 ちん の音に重なっているからそうなった

  という説ですが、どうでしょう。

   違いは演奏方法と音色になるでしょうね。

   中国古筝の弦は21本。

   この楽器も歴史が永く、今公開中の「レッド・クリフ」でも

 諸葛孔明役の金城武と、周瑜役のトニー・レオンがその古筝の

 腕前を互いに披露しながら、即興で演じ音楽で互いの心中を推し測る

 なんてなシーンもありましたが、この映画に限らず、この時代の扱った

 ものにもよく登場します。つまり、秦の時代にはもうあって、その頃の

 文化人の教養の一つとして、古筝が弾ける、というのがあったようです、。

  音域が広い楽器で、その分いろいろな場面を弾き分けることができる

 ようです。

Guzhen ですので独奏はもちろんですが、合奏

で入る古筝はどんな音楽にも必ずと

いってよいほど、後ろにこの古筝が

入っている中国民俗音楽は多いです。

多分みなさんも耳にされていると

思います。

 こうした楽器を 弾撥だんぱつ

 楽器というらしいのです。

 こう はじく その奏法が日本と具体的

 にどう違うかまでは私は詳しくないのですが、確かにCDなんかで聴いてますと

 日本の琴とは別のものです。

 さて、このつまり、こう はじく 楽器ですね

 それで、今回の楽器の組合せを見ていただくと分かりますが、

  こする楽器  二胡、

  はじく楽器  琵琶、古筝

  たたく楽器  揚琴

   と、劉せんせいは、この辺も考えてこの編成にしてくださった

 ようです。

  その点でも今回の演奏楽しみです。

|

« 揚琴 の  魅力 | トップページ | 中国音楽の魅力、 民族楽器の魅力、 コンサートへのお誘い »

コメント

もしかして古箏と古琴がごっちゃになっていませんか。文化人の教養とされたのは古琴です。古箏も歴史のある楽器ではありますが。

投稿: 通りすがり | 2008年11月23日 (日) 01時22分

(*゚ー゚*) そですね、ご指摘の通り、途中からごちゃまぜでの話しになってました。古琴の方もお調べください。今回は古筝の演奏です。どうぞよろしく。

投稿: | 2008年11月24日 (月) 09時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 古筝 の 魅力:

« 揚琴 の  魅力 | トップページ | 中国音楽の魅力、 民族楽器の魅力、 コンサートへのお誘い »