« 揚琴演奏者 于 海映、 瀋陽民族楽器小組紹介 ⑤ | トップページ | 「FMいるか」 で、中国民族楽器の魅力を !! »

2008年11月29日 (土)

中国民族楽器 の 演奏家達、 瀋陽民族楽器小組 紹介

Photo 今週は、12月8日函館でのコンサートにお招きしております

瀋陽音楽学院の中国民族楽器の優れた演奏家たちを紹介

致しました。

 女性が4名、この4名の方を引き連れていらっしゃる男性が

1名のお客様です。

Photo_2  じつはこの方達とまだお会いしたことがございません。

 ですが、総じて言えば、この瀋陽音楽学院は音楽的レベルが

 高いので有名です。

  そういえば瀋陽には数度訪れてますが、音楽学院はまだ訪問

 したことがありません。上海にも音楽学院がありまして、こちらは

Photo_3  中国の大学は招待所という、いわゆるゲストハウスを大学が

 付属施設としてもっていまして、言葉ができて紹介などがあると

 簡単に宿泊ができたりします。それで、その上海音楽学院の

 招待所に泊まったりすると、学内ですので、夕方こう練習の音が

 聞こえてきたりしてですね、運が良ければ学内のミニコンサートが

Photo_6 あったりすとですね、聴けるんですが、学生さんのレベル

でもそれはもう凄いですね、その先生たちが演奏してくれた

のも聴いたことがありますが、凄いです。

 私が言いたいのはですね、こうした民族楽器は特に、

これだけでプロの演奏家は難しいので、優れた演奏家は

こういう分野ではどうも学校にいて、後身の指導にあったり

 音楽の研究をされている方のレベルが高いように思い

Photo_7 ますね、ですから、とりわけこの民族楽器の分野に関して

いえば、プロというよりも、こうした先生方を探してそのレベル

の高い演奏を聴けば間違いないとおもうんですね。

 函館にこんな凄い先生たちが揃ってきていただけるという

Photo_9  だけで、これはもう是非こんな機会は逃しちゃイカン!

  と思うからこその宣伝でして、それも今回このユニットは

  函館を目指してやってきて、函館のコンサートの為の

  来日ですので、勿体ないというか、この機会が千載一遇

 のチャンスです。

  よくその万障繰り合わせのうえ、という話ですが本当に

Photo_12 都合がつく用事は都合をつけて、

12月8日のコンサートお見逃しなく、

というのが主催側のたってのお願いです。

  それぞれが、持てる技量を発揮しての、十分な演奏を

していただくには、実はこの時間では不十分なのですが、

 そうはいっても会場の都合もございますし、さまざまな

 要因を考えれば、時間はこの設定でしょうがないので

Photo_13 しょうが、この日の演奏は必ずやみなさんに

 ご満足いただけるものと確信しております。

 また、このあと、コンサートの曲目を来週は紹介いたします

が、全体の構成を、こちらから相当無理をいって、こちらの

 要望通りに組んでいただいております。

 それは、私の感想ですが、どんなにすばらしい技量と演奏

 形態でも、聴きに来る聴衆がみなその道の、専門家では

 Photo_15                ありませんので、後半部分では皆さんが聴いたことが

  あるようなそんな 馴染みの曲を、この楽器でこの方たちの

  テクニックで聴かせていただこうとの

  趣向となっております。

   ですので、こうした専門楽器の演奏会でおちいりがちな、

   専門家だけが聴いて分かる、レベルとテクニックだけを

  見せ付ける、

   そんな、難しい演奏家にはなりません。

   肩のこらない、そんな演奏会です。

   どうぞ、いらしてください。

     ともにこの数時間を中国民族楽器の音色に酔いましょう。

    では、あと1週間です。お早めにチケットのお求めを。

                 函館日中友好協会

|

« 揚琴演奏者 于 海映、 瀋陽民族楽器小組紹介 ⑤ | トップページ | 「FMいるか」 で、中国民族楽器の魅力を !! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中国民族楽器 の 演奏家達、 瀋陽民族楽器小組 紹介:

» 函館はいかが・・・ [函館]
ブログのランキングサイトなんか調べて見ると、ここにも函館について書かれた記事沢... [続きを読む]

受信: 2008年11月29日 (土) 19時12分

» 最近の函館について [函館]
函館で検索してみました。ブログなんか結構あります。気になるものだけ記録しておき... [続きを読む]

受信: 2008年12月 1日 (月) 01時02分

« 揚琴演奏者 于 海映、 瀋陽民族楽器小組紹介 ⑤ | トップページ | 「FMいるか」 で、中国民族楽器の魅力を !! »