« 広告スポンサー 募集! | トップページ | 「ハッシーの のんびり坂スタジオ 」 へ »

2008年10月11日 (土)

中国料理コックさん の 世界

  中国料理はつとに有名ですから、知らない人はいないし、

  食べたことがなぁ~い、なんてな人もいないので、誰もが知って

  いそうですが、意外のそれを作っている、厨房の世界は知られて

  いませんね。

    そこで、今回の「隗かい」ホームページ連載の

  私の見た中国は その 話題、  「厨師傳 ツゥ・シー・フ」

   をご覧いただけると、その話題なんですが、

   だいたい、中国の大きなホテルやレストランの厨房では、料理の

 「鍋」の人と「点心」の人は完全に分業でして、それぞれが他はしないんで

 すね、ですから、中国のコックさんは一流になればなるほど、何でもは

 できない、という不思議な世界なんですね。

   これで、是非みなさんに「恋人たちの食卓」というちいとふるい映画

Koibitotatino_syokutaku_1  これを見ていただくと、すごくよくその世界が

  分かるし、おまけにこの映画、ストリーも

  最後のどんでん返しやら、なかなか凝って

  ますし、

  さらにおまけに、余り難しい言い回しがない

  ので、中国語のお勉強をされている方には

  うってつけです。

Koibitotatino_syokuktaku2     台湾・台北の某有名、誰でも知っている一流

    ホテルのコック長さんが、主人公ですので

    その世界がとてもよく描かれています。

     多分今はDVDで見れると思いますが、

    左の画が、その映画のビデオテープです。

    で、この映画の中でも、コックさんの世界が

    凄い分業で成り立っていて、その人の多さ

   にも驚かされます。

Dian_xin  点心の職人さんが、点心だけ作ってそれで

  済ませれるというのが、何とも中国らしい

  というか、中国的というか、

  職人の世界ですからね、それだけ、点心

  一つとっても奥が深いということでしょう。

  点心も我々が知ってるのは本の一部で

  これが多いんですよね、種類もさることながら

   色々技法があって、凄いんですよ。

   で、職人の世界ですから、それぞれが技を競い、盗み、

   中国料理の大系が作られているわけですよね。

     コックさんと知り合うなんてな機会は中国ではそう多くありませんが

     今思えば、買い物に市場に来ていた、コックの見習いのような

    それと分かる服装の若者ともっちとうまく渡りをつけて、知り合っておけば

    中国料理の造詣ももう少し何とかなったのになあー、と残念です。

       10月号、 私の見た中国  「 厨師傳 」 でお楽しみを。

    

|

« 広告スポンサー 募集! | トップページ | 「ハッシーの のんびり坂スタジオ 」 へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中国料理コックさん の 世界:

» 東京ディズニーランドオフィシャルホテル [東京ディズニーランドオフィシャルホテル]
東京ディズニーランドオフィシャルホテルについて [続きを読む]

受信: 2008年10月12日 (日) 22時34分

« 広告スポンサー 募集! | トップページ | 「ハッシーの のんびり坂スタジオ 」 へ »