« 訃報  羅 田広 総領事が逝去 | トップページ | 日中青少年交流 ホストファミリーの声 »

2008年7月31日 (木)

日中青少年交流 ★★★ 第4陣中国高校生訪問団

 Baozhi_1

 6月24日から7月2日まで8泊9日の日程で来日していた、

  「中国高校生訪日団」第4陣250人は、日本各地の学校を訪問、

  さまざまな交流を積極的に繰り広げた。

   なかでもホームスティで一般家庭に温かく迎えられた経験は、

  生徒たちにとってかけがえのない思い出となった。

   

   「日中青少年友好交流年」事業の一環で来日した第4弾は、

   北京・重慶・河北・河南・湖南・山西の2市5省の高校生ら

   250人で編成。

     外務省の委託で(社)日中友好協会が受け入れ、6コース

   に分かれて日本各地を訪れた。

     各地の学校は特色ある交流プログラムを用意し訪日団を

   歓迎した。人数の最も多かった長野コース105人は27日に4班

   に分かれ長野西、岡谷南、飯田風越、松本県ヶ岡の各県立高校

   を訪問、静岡コースは30日に浜松開誠館高校で交流、授業の

   ほかに昼食やホームルームもともに過ごした。

    香川コースは30日、綾川町の県立農業経営高校で乗馬を体験、

   相撲部の練習を見学した。

    ホストファミリーの募集では各地の協会で協力、普段は中国の人

   たちとの交流が少ない家庭にも受けれいれてもらい、日中双方が

   相互理解を深めるまたとない機会となった。中国の高校生にとって、

   家族みんなと団欒した一晩は、最も忘れられない日本での楽しい

   思い出となった。

     北京第12高校の 王 昳琳さんは

   「おばあちゃん、ご両親、お姉さん、妹みんなでもてなしてくれ、

    家庭のぬくもりにふれることができました。本当はもっと長く

    滞在したかったです。」

      北京師範大学第二付属高校の 廉  盟 さんは。

    「ご両親が日本の伝統文化を紹介してくれ、姉さんや妹と学校

     生活について語り、畳の上に寝て、家の温かさを感じました」

    とホームスティの感想を語った。

   Baozhi_2

|

« 訃報  羅 田広 総領事が逝去 | トップページ | 日中青少年交流 ホストファミリーの声 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日中青少年交流 ★★★ 第4陣中国高校生訪問団:

« 訃報  羅 田広 総領事が逝去 | トップページ | 日中青少年交流 ホストファミリーの声 »