« 29日函館日中、野外留学生との交流会 | トップページ | 「はこだてと外国人居留地、ロシア編」受け取りました »

2008年6月25日 (水)

中国四川地震後の 九寨溝 まもなく開放

Jiuzaigou2 このニュースは

「人民日報日本語版」

 によると、

 中国国家観光局と

 四川省政府は

 四川大地震震災後

 の観光業復興計画

  を発表。

  そのなかで、四川省の安全な観光ルートを迅速に回復させ、

  九寨溝への道路は現在まだ修復中だが、飛行機で現地へ往復すれば

  問題ないとしている。

   九寨溝飛行場がオープンしたのは確か5年くらい前。

   バス輸送よりはずっと楽になりましたが、現地の高度は

   九寨溝飛行場がすでに海抜3500メートルの位置にあります。

    で、バス移動よりは高山病にかかる人が多いのですが、

   道路が寸断されてますので、まだ陸路で入るのは無理でしょう。

   それでも、この間もなく開放のニュースは、嬉しい。

   どこぞのテレビ局が入って今の九寨溝を取材してもらえない

  ものだろうか。

   九寨溝のシーズンは冬になるともうむりですので、

  せいぜい、10月末まで。

   景色が綺麗のなのは水量のおおい7~9月が最適  

  でしょう。これからのねらい目のは紅葉ですが、

  九寨溝の近くにあるホテルもみな今回の地震では大丈夫

  だったということでしょうか?

   その先の九寨溝飛行場が出来るまでは、

  それこそ、今回地震災害で何度も名があがっていた、

  都江堤(とこうえん)を通ってはるばる行く、秘境だったんですね

  それが、飛行場のオープンと共に秘境も秘境で無くなって、

  便利になった分、人もたくさん入りますので、環境問題に注意を

  しなくていけなくなっていました。

   近くに飛行場が出来たとはいえ、飛行場からおよそ2時間は

  バスに揺られますが、世界遺産に指定されたこの風景を求めて

  近年たくさんの観光客が足を運んでおります。

   九寨溝は、河に沿ってみどころがたくさんあり、広い自然公園

  ですが、今回の地震で被害が相当あったのかと、心配しておりました。

   映像が中国側報道でも出てこず、ひょっとしたら、九寨溝の地形

   そのものにも大きな変化があったのかと、思っておりました。

    開放し、観光客を受け入れるとのことですので、

    是非此処は一つ、何処へでも出かける日本のマスコミが

    いち早くその映像を撮ってきてもらいたいです。

Jiuzaigou1

 この景色がこのまま

 だといいのですが。

|

« 29日函館日中、野外留学生との交流会 | トップページ | 「はこだてと外国人居留地、ロシア編」受け取りました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中国四川地震後の 九寨溝 まもなく開放:

« 29日函館日中、野外留学生との交流会 | トップページ | 「はこだてと外国人居留地、ロシア編」受け取りました »