« 中国 で見た ランドセル | トップページ | 北方謙三 『三国志』 を 読む。 »

2008年2月21日 (木)

 元 宵 節

 今日は、旧暦で 1月15日。 元宵節。

 ”春節”というのは、実はこの日まで続くことになって

 まして、この日は新年最初の満月の夜となるようです。

   この日、団子を食べます。

   もち米の粉で皮をつくり、中の餡は

   ゴマ・クルミ・サンザシ などの甘いものが多いが

   ”平安吉利、全家団円”を願って食べる。

   これらは、中国で食べました。だんだん家で作る

  家庭が減り始め、即席のものを買ったり、外で食べる

  ことが多くなってきてるようです。

   そういえば、私のご馳走になったのも、どうも即席の

  元宵団子 だったよう。

  油で揚げる元宵団子があるらしいのだが、食べてみたい。

   だいたいの季節のこうした催しは、宗教を結びつき、

  その日に食べるものが決められていた。こうした、行事と

  食べ物の結びつきはかなり強く、昔の人の暮しに対する

  感覚の鋭さが、伝わってきます。

    この日にこれを食べる、というのは、実によく出来ていて

  特に現代のように便利でない時代に、その果たす役割は大きい。

   今は本当に、季節を無視し、土地を無視して、我々は食べてる

  わけで、そのことを何の不思議もなく、暮らしてますが、食べ物に

  対する姿勢は、ここ数日の食品問題に限らず、もっとキチンと

  考える必要があると思います。

  というわけで、今日は ゴマ団子 の 元宵団子 を作ってみました。

   けっこう上手くいきました。美味しいです。

   Yuan_xiaojie

|

« 中国 で見た ランドセル | トップページ | 北方謙三 『三国志』 を 読む。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です:  元 宵 節:

« 中国 で見た ランドセル | トップページ | 北方謙三 『三国志』 を 読む。 »