« 続・中国 の 自動販売機 | トップページ | 台湾 からの お客様 »

2008年2月27日 (水)

中国 贋物 事情

 友人と、話していて、この話題になりました。

 彼とは一緒に中国旅行にも行きました。

 彼を案内して有名な北京の「秀水市場」にも。

 (ニセブランド品を扱う、平屋が軒を連ねた一角が

  あって、そこで扱われているのは、ありとあらゆる

  贋物。此処にくればどんな贋物もあり、本物が

  なかった。それが数年前から平屋が全て取り壊され

  近代的ビルがそのあとに建ったが、そのビルの中を

  細かく仕切って今は、また営業中。贋物に対する取締り

  も以前よりは厳しいようで、多少様子が変わったが

  それでもあいも変わらず某ブランド似のナントカ、という

  商品が目を引く。)

   じゃあ日本には贋物がないか?というと、あります。

  それよりも、相当数出回ってます。

   どこまでをコピー商品と呼んでいいか分かりませんが

  コピーまがい?も含めるとかなりの数です。

   それは、日本だけでもなく、世界中あらゆる国にあります。

   中国が目立つのは、その遣り方、

  一つは、ブランド品に関していうと、中国の人たちはきっと

  本物の方を知らずに、偽者を買ってると思います。

   本物を見たこともない、本物の何たるかも分からない。

  それなのに、側で売ってるのが贋物で、それを買う。。

  もう一つは、儲かりゃ手段は選ばずの姿勢。

  これに加えて、広いし・人も多いし・分からんだろの

  安心感。

    最近では、中国人が中国のブランド品?を

  真似て国内で、中国の企業互いに訴訟を起こす、

  というところに、来まして、

    中国企業も気付きました、外国企業の真似を

  し、訴えられるのは当り前だ!と。l

    さらに、こういうことをしていたのでは駄目だ、

  というのに気付き始めたのは、中国のほんのまだまだ

  一部の割と大きな、自分達も被害者になるような

   それこそブランド企業は気付きました。

   政府は外圧?もあってここのところかなり熱心?ですが

  なにせ広いですし、人も多いですし、次から次と変り種

  が出てきて、追い付いていないのが現状でしょう。

   

    ニセ・ブランド品が 売れない、買わない、

  そんな時代がだんだんに向っているとは思うのですが

  その歩みものろく、

   まだまだ、偽者でも欲しい人がいるうちはいたちごっこ

  でしょう。

|

« 続・中国 の 自動販売機 | トップページ | 台湾 からの お客様 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中国 贋物 事情:

« 続・中国 の 自動販売機 | トップページ | 台湾 からの お客様 »