« 地元 観光を 台湾・中国で  PR | トップページ |  元 宵 節 »

2008年2月20日 (水)

中国 で見た ランドセル

 中国を旅していて、ときどき、ハッとする光景に出会います。

私の旅は、町々をぶらぶらする旅が多いので、そのせいもあるのでしょう。

  例えば、これも今ならそう驚かないかもしれません。

  数年前になります。北京の街をブラブラしていました。

  交差点で、路を横切ろうと、構えていたところへ、横から

  トラックが。それもかなりの勢いで。危ないなあ・・という

  驚きもさることながら、そのトラック。後ろの絵といい、横の

  文字は流石に消されてましたが、某有名S川急便という

  宅急便のトラックで。ご存知のように、トラックの後ろには

  フンドシ姿のかわいい絵が。

    驚きました。何で?ここは何処?どうして?  と。

    北のある省都ですね、ですから日本の県庁所在地のような

  ものですが、そこそこ人口はありますよ。そんな街で

   子供達の朝の通学風景の中に、なんと ランドセルをかついで

  る女の子が、一人。もちろん一人。

   ランドセルは、多分ですが、日本にしかないと思います。

   あまりに驚いて、食べかけていた朝食を落としてしまいました。

   何で?彼女は?どっから?日本人? と・・・

   人間その気になれば瞬時にして結構いろんなことを考える

  ものです。

    その後もその光景はずっと心に残るものがありました。

    それが、昨日解消しました。

    こちらに仕事でいらしているD師傅が遊びにきました。

  来週久しぶりにお里帰りするそうです。彼の故郷は南のK市。

  ここもでかいです。数百万の人口をかかえています。

   話題は帰ってからの話になり。いまいそぎ用意している

  故郷の友人・知人・親戚へのお土産品の話になりました。

   親戚の子が、この秋(中国は9月入学)に学校に上がる。

  ついてはそこの家には、お土産にランドセルを買った、

  というんですね。紅いのを。まあ色はなんだっていいんだ。

   どうして?高いでしょアレ?中国じゃ見ないし!

   D師傅 はこのあと、「ランドセル」を絶賛。あれはいい!と

  全皮で、丈夫。デザインも子どものことを考えてある。

  一度買えば六年は大丈夫。自分のこどもにもアレをしょわせ

  たかったが、前年ながら間に合わなかった・・・・と

   いうのを聴いて、初めて納得しました。

  こういう人がいて、誰かが買い与え、日本に滞在したことが

  ある両親だったのかもしれません、私が北の街で見たあの

  ランドセル少女は。

   んん~、世界は狭くなってる。

   でも、嬉しいです長年の疑問が、解消して

   スッとしました。どこで疑問が解決するか、分からないものです。

   

|

« 地元 観光を 台湾・中国で  PR | トップページ |  元 宵 節 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中国 で見た ランドセル:

« 地元 観光を 台湾・中国で  PR | トップページ |  元 宵 節 »