« 中国 鉄道の旅 | トップページ | 感謝大家、這一年的・合作、支持、関懐!! »

2007年12月28日 (金)

福田首相 訪中、中国側の捉え方

  福田首相の今回の訪中は、中国でどう扱われているか、ということですが、

 こちらで、中国中央電視台のニュース番組を見てる限りでは、

 ニュースの大きさそのものでは、昨日の パキスタンのブット首相の暗殺ニュース

 が衝撃も大きくて、そちらにとられてます。

  ちなみに、貝・布托 と 漢字では彼女のことを表記します。パキスタンと中国

 の微妙な関係を考えますと、それは当然といえば当然です。

  中国とパキスタンのことは今回おいておくことにして、

  日本の福田首相が中国を訪れての、中国側の対応ですが、

  この訪問、大体が、訪問することに意義があるという訪問でして、

  これと言って手をつける重要課題があるわけでもなく(本当は問題は山積

  してますが)これと言って特別のお土産を携えての(まあ、靖国行かない!

  というのがお土産になるんでしたらそれは、それで変な問題ですが)

  訪問でもなく。純粋に、訪問することに目的があります。

    別にそういう訪問があっても好いわけでして、それはそれで、訪問に

  価値があるなら、互いに得るものがあるのなら、別に中国に限らず、

  ある話でしょうから。

    先ほどから、福田首相の北京大学での講演会というのが初まりまして、

  それに先立ち時間を取って、特別番組を編成、実況中継をするという

  気の使いようです。

    こちらのほうの特別番組も、もちろん相当気を使って座談会なんかを

  してまして、北京外国語大学の先生と、もう一人清華大学の先生に司会者

  が、日中友好について語る、というような構成になってました。

    当り前ですが、こちらも可もなく不可もなくの、お話が続き、

    多くを、一昨年あたりから取り組んでます、日中の青少年交流の話に

  割いて、その成果を評価してました。今後ももっと必要と言う結論でして、

  この線に沿ってもうすでに両国話し合いがついているでしょうから、その意味でも

  それをなぞるだけの、話でした。

   途中、日本のODAにも珍しく触れて、その効果なんかについても軽く触れる

  あたりが以前とは少し違った点でしょうか。

   福田首相の前に先立って、北京大学の学長さんの歓迎の挨拶も普通。

   福田首相の講演も、全部を聞かずに途中で止めてしまいましたが、

   まあ、この原稿も官僚が書いているとは思いますが、恐らく福田首相の

  あの思い口調のせいもあって、どうも華のない、普通のもでした(最後

   まで聞いてませんがおそらくそう、盛り上がりはないでしょうから)。

   で、総じて言うならば、最初のほうでも申し上げておりますように、今回の

  この訪問、訪問することに意義があったという面では、普通が悪いわけでなく

  普通がいいんじゃないでしょうか。

    普通にたんたんとこなして戴ける方が、ある意味、好いこともありますから。

   下手に、とんでもない約束をしたり、リップサービスが過ぎるのも困りモン

  ですから、普通にしていただいて、結構です。

    多分これで、ボールは日本からむこうに渡って、来春 中国側からの

  訪問となって、

    小泉さんが冷しに冷した日中関係を、リセット、

  となるのでしょう。リセットした(ゼロになった)あとが、何処へ向うかを

  本当はいまから、準備しておかないと、いけないのでは。

    ですから、本当は、単に訪問することが目的の今回の訪問でも

  将来の準備は必要ですし、準備がし易い訪問なんですが、今回の

  訪問団もただ、物見遊山で帰れては困るんですが・・・・・・。

|

« 中国 鉄道の旅 | トップページ | 感謝大家、這一年的・合作、支持、関懐!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 福田首相 訪中、中国側の捉え方:

» ガス田、早期解決へ 福田さん大成果!! [一刻一刻進歩発展 注目ニュースに思うこと,福田首相 訪中、中国側の捉え方]
訪日中の福田首相がいい仕事をしましたね!ガス田、解決に動き出すとの事でです。福田首相を応援するブログをアップしたのでよろしければご訪問下さい。 [続きを読む]

受信: 2007年12月28日 (金) 18時05分

« 中国 鉄道の旅 | トップページ | 感謝大家、這一年的・合作、支持、関懐!! »