« 福田首相 訪中、中国側の捉え方 | トップページ | 新年のご挨拶   函館日中友好協会 »

2007年12月29日 (土)

感謝大家、這一年的・合作、支持、関懐!!

  この一年のご協力、ご支持、お心遣いに、こころより感謝いたします。

  来年は 子年 ですか、中国はオリンピックの年でもあります。

Yan_fen  今年一年を振り返って、

 中国は何かと話題の多い国でして、

 さらに日本人にはとても気になる国らしく

  毎日何処かの放送局で、中国関連のニュースや話題が取り上げられ

  以前ですと、ニュースとして、事件性の強いものが取り上げられていたのが

  此処へ来て、事件性とは全く関係がない、話題というだけで、各局が

  取材合戦の様を呈しています。

   勿論、活字文化の方でも、新聞はもとより、これまで全く中国とは関係の

  ない雑誌が、或いは総合誌の中の特集として、取り上げられております。

    その全てはもはや無理ですが、出きるだけ、目に触れたもの事前に知った

  ものは、チェックしてるようにしてますが、大変な量です。

   以前ですと、年間数冊あればよかったスクラップブックがどんどん埋まって

  いきます。

    そして、来年は更にこれに輪をかけて多くなるのが予想されます。

    来年はオリンピック年でもありますから、単年、注目を浴びるのは勿論

  ですが、恐らくその後も、量は減らないでしょう。

    とにかく、これ以上毎日のように中国関連情報が溢れるようになるのは

  畢竟です。

    では、互いにこれだけの情報量があったら、相手を見誤らないかというと

  これが、心もとないのです。

   何故か? 情報にも問題があるようです。

    流されている情報は、間違いではないのです、でも、どっか違うんですね

  実際とは。情報は時に意図的に操作され、時に誤って伝えられ、ときに

  全くの勘違いから報じれることが多いようです。

   特にこの頃、所謂ワイドショーのような番組の中で、コメンテェーターといわれる

  有識者の方々のされるコメントが的を得てないことがあって、

   以前のその評論化が論じていた、別の問題でいたく感心にしていたことが

  ありますので、これはひょっとして、以前の問題も実は私の方の勉強不足で

  以外にこの評論家の言うことは当てにならないのかも知れないと、中国への

  コメントを聞いていて、思うことがあります。

    とにもかくにも、来る年は本年にも増して、中国が話題となることは

  多くなるのです。

   間違った情報も含めて、少ないよりは多いほうが、いいでしょう。

  「竹のカーテン」と言われていた、中国は、今

  「レースのカーテン」になりました。

   ですが、このレースがどうして、怪しいんですね。

   来る年もどうぞよろしく。

|

« 福田首相 訪中、中国側の捉え方 | トップページ | 新年のご挨拶   函館日中友好協会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 感謝大家、這一年的・合作、支持、関懐!!:

« 福田首相 訪中、中国側の捉え方 | トップページ | 新年のご挨拶   函館日中友好協会 »