« 秋高気爽的一天 | トップページ | 11日(日曜)李鋭さんの講演会、申し込まれましたか? »

2007年11月 6日 (火)

 『 中国たばこの世界 』

Tyuugoku_tabako   今日読み終わった本、

 『中国たばこの世界』 は、なかなか勉強になりました。

  ヒマですのでよく、本を読みます。今日はこの本を読み終えました。

  私自身はたばこは吸わないのでが、中国を旅していると、中国の人

  の喫煙率が高いのが気になります。

  中国の庶民の嗜好品と言えば、「煙草、酒、茶」だそうです。

  中国における煙草の歴史は以外にも、そう永くなくて、酒やお茶には歴史的には

  かなわないのです。ですが、煙草は、その楽しみ方が普通に 吸う だけではなく

  嗅ぐ というのがあります、嗅ぎ煙草です。更に 噛む というのもあるのだそうで、

  実はこの嗅ぐ煙草の文化が一時中国で大変盛んになりまして、そうしますと、それ

  に付随した文化が発展します。嗅ぎ煙草は、それを入れる容器が工芸品としても

  すぐれていて、今では勿論骨董ですが、このコレクターもかなりいます。

   見ていても美しいものもあり、私も何個か買い求めました。勿論実用ではありません

  ので、ただ、飾って喜んでるだけですが。

   この本はその中国での歴史、中国切手のデザインに現れた煙草、煙草に関する

  諺、煙草に関する詩、など

   普段予想だにしなかった切り口での、中国文化史が読めました。

   毎回旅行に行くたびに、吸わないくせに、タバコのパッケージがそのものが

  楽しくて、買い求めてくるうちに、恐らくもう60個を越してると思いますが、

  日本にはこんなに煙草の種類ないですよね、なんでこんなに沢山種類が

  あるのでしょう。

   愛煙家にとっては、辛い時代に入りましたが、中国でもその傾向はありますが、

  でも広いですからまだまだ。

   それと、中国の人たちのあの煙草を吸うときの不思議な習慣についても

  触れておいて欲しかったですが、いろいろ勉強になりました。

|

« 秋高気爽的一天 | トップページ | 11日(日曜)李鋭さんの講演会、申し込まれましたか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です:  『 中国たばこの世界 』:

« 秋高気爽的一天 | トップページ | 11日(日曜)李鋭さんの講演会、申し込まれましたか? »